「ブルガリ」がセキュリティ企業とアプリ開発、個人情報を安全に保存

写真拡大

 「ブルガリ(BVLGARI)」が、スイスのサイバーセキュリティ企業のワイズキー社と共に、個人情報を安全に保存できるアプリ「ブルガリ ヴォルト(BVLGARI VAULT)」を開発した。Google StoreやApple App Storeからダウンロード可能。 ブルガリとセキュリティ会社がアプリ開発の画像を拡大

 「ブルガリ ヴォルト」は、ワイズキー社が提供するアプリ「ワイズアイディー(WISeID)」を「ブルガリ」独自のレイアウトやカラー、デザインにカスタマイズできる。アプリに情報をアップロードすると、ワイズキー社が開発した技術によって即時に暗号化。「クラウド」上にアーカイブし同期されたデータは、スイスアルプスに埋められた格納庫で物理的に保管される。将来的には、鑑定書や製品保証など、顧客に合わせたサービスの提供を目指す。 ブルガリグループのCEO、ジャン-クリストフ・ババンは「最先端技術を誇るワイズキー社とのパートナーシップにより、ブルガリのお客様に実質的財産を保護する知的ソリューションを提供することは、大変誇らしいことであり豊かさと革新をもたらす礎となることでしょう」とコメントを発表している。■BVLGARI VAULT公式サイト