プロに学ぶ!目のタイプ別「一番美人に見える」アイメイク術3つ

写真拡大

トレンドメイクやメイクテクは色々あるけれど、大人だからこそ本来の良さを引き出す、自分の顔に合ったメイクをしたいですよね?

そこで今回は、メイクアップアーティストがメイクテクを伝授している『Woman Wellness Online』の過去記事を参考に、目のタイプ別にアイメイクのNGテクと正解テクをご紹介します。

■一重さんのNGテクと正解テクは?

プロが指南!一重の人は逆効果になる「NGアイメイク」と「正解テク」』では、“一重アイメイク”のNGテクと正解テクを紹介しています。

●太いアイラインはNG!

「目を大きく見せたいから」、「流行っているから」と思ってしまいがちですが、アイラインは太く引くと、逆に目が小さく見えてしまいます。

ポイントはまつげのスキ間を埋めるように細く引くこと。この時、焦って目を開けるとまぶたにラインがにじむので注意! すぐに目を開けずに、乾くまで待ちましょう。

●付けまつ毛は必須アイテム!

全体に付けることで目元の丸みが強調され奥行きが生まれます。少しだけ目尻をはみ出して付けて、目幅を横にも広げてあげましょう。

■ぱっちり二重さんのNGテクと正解テクは?

『プロが指南!「ぱっちり二重の人がケバくなる」NGメイクと正解テク』では、二重の方特有のメイクテクをご紹介しています。

●重めカラーをまぶた全体にのせるのはNG!

もともと強い印象があるぱっちり二重は、ちょっと足すだけでもキツく見えがち。

ハイライトカラーをまぶた全体に置いてくすみを飛ばしたら、セカンドカラーからのアイシャドーは、目の中心から目尻側のアイホールを使ってグラデーションを作っていくのが魅力的に仕上げるコツだそう。

●引き締めカラーは目頭から細く入れて

アイラインや目のキワの引き締めカラーは細く目頭から目尻側まで入れ、目尻側だけセカンドカラーからのグラデーションに馴染むように少し幅を広めに入れて指でぼかしましょう。

■奥二重さんのNGテクと正解テクは?

最後に奥二重さんのメイクテクを『「奥二重」を「ぱっちり二重」に近づける!プロが教えるアイメイクテク』からご紹介。

●アイラインはNG!

目を少しでも大きく……と思ってアイラインを引いてしまうと、せっかくの二重ラインを消してしまうことに。

アイラインは引かず、まつ毛にしっかりとカールを付けてカールキープ力のあるマスカラで上向きまつ毛を保ちましょう。

●重めカラーのアイシャドウは目じりに

二重ラインになるべくかからないようにアイシャドーを入れることがポイント。そうすることで二重ラインはしっかりと残ったまま、横に目の奥行きが広がるので、ぱっちり二重の印象に仕上がります。

いかがでしたか? 自分の顔タイプに合ったメイクをすることで、最大限の魅力を引き出すことができます。

ぜひ、明日から試してみてくださいね!

(Woman Wellness Online編集部)

【画像】

※ Minerva Studio / shutterstock