リオ五輪に学ぶ「トランスフォーマー建築」の可能性

写真拡大

リオ五輪のために新たに建設されたスタジアムは、プレハブ工法によってつくられた「一時的な建造物」だ。この手法によって建設・管理コストが削減できるほか、建物の部品は地域の学校やプールなどに再利用される予定だという。リオのアイデアは五輪の「スタジアム問題」を解決するだけでなく、すべての建築に必要な視点を示している。

「リオ五輪に学ぶ「トランスフォーマー建築」の可能性」の写真・リンク付きの記事はこちら

※本誌VOL.24「新しい都市」特集にて、米国を代表するスタジアム建築家、ダン・ミースのインタヴューを掲載!

INFORMATION

『WIRED』日本版、最新号VOL.24は「NEW CITY 新しい都市」 特集!

8月9日(火)発売の最新号『WIRED』VOL.24は「新しい都市」特集。ライゾマティクス齋藤精一と歩く、史上最大の都市改造中のニューヨーク。noiz豊田啓介がレポートするチューリヒ建築とデジタルの最前衛。ヴァンクーヴァー、ニューヨーク、東京で見つけた不動産の新しいデザイン。未来の建築はいま、社会に何を問い、どんな答えを探していくのか。第2特集は「宇宙で暮らそう」。宇宙でちゃんと生きるために必要な13のこと、そして人類移住のカギを握るバイオテクノロジーの可能性を探る。漫画『テラフォーマーズ』原作者が選ぶ「テラフォーミング後の人類が生き残るための10冊」も紹介する。そのほか、NASAが支援する「シンギュラリティ大学」のカリキュラム、米ミシガン州フリントの水汚染公害を追ったルポルタージュ、小島秀夫+tofubeatsの「未来への提言」を掲載!

オリンピックは、開催都市に厄介な建物を残すことで有名だ。

2004年のアテネオリンピックのためにつくられた総合運動施設の大部分は、現在十分に活用されず、さび付きかけている。「鳥の巣」の愛称で知られ、2008年の北京五輪の象徴となった北京国家体育場は、現在は観光客が見物に訪れ、ときどきサッカーの試合が行われるくらいだ。

オリンピックを開催したほぼすべての都市が、こうした厄介ものを抱えている。国際オリンピック委員会(IOC)は近年、主催者と開催都市に対し、聖火が消え、観客や選手が自国に帰ったあとの「五輪の遺産」についても考慮するよう指示している。

遊牧民のような建築

2012年のロンドン五輪では、「祭りのあと」が少し意識され、容易に解体できる競技場がいくつかつくられた。リオ五輪では、このアプローチをさらに進化させ、移転や改造、異なる目的への利用が可能な建造物がつくられている。リオデジャネイロのエドゥアルド・パエス市長はこれらを、「遊牧民のような建築」と呼んでいる。

ハンドボールの会場となる「フューチャー・アリーナ」は、解体後、ジャカレパグア地区に500人規模の小学校を4校つくるための材料になる。「オリンピック・アクアティック・スタジアム」も解体され、2つの水泳場になる予定だ。「国際放送センター」は高校の寮になる。そして、三角形の半島に9つの会場が集まる約120ヘクタールの「バハ・オリンピック・パーク」は、一部が公園になり、残りは民間企業によって開発される。

「オリンピックが終わったあとにも、無用の長物が残らないよう計画しました」と、ロンドン五輪とリオ五輪でオリンピック・パークの基本計画を担当したAECOM(エイコム)のビル・ハンウェイは言う。「現代のオリンピックでは、社会的・財政的な責任がこれまでよりはるかに重視されているのです」

Rio2-582x437

スタジアムは使用後に解体され、新しい用途のために再び組み立てられる。IMAGE COURTESY OF AECOM

ハンウェイによれば、このようなアプローチは不可欠だという。オリンピック会場をそのまま一般競技場として使用すると、収容人数が大きすぎるからだ。(そのキャパシティが)必要な数の2倍に達することも珍しくないという。まったく用途がなく、放置されている施設も多い。

そこで鍵を握るのは、「プレハブ工法」だ。何十年も前から存在する工法だが、従来の工法より安くて速く、持続可能なため、再び注目されている。素材と技術の進歩によって、より軽く、より強く、風雨に耐えられるモジュール構造の建築物を現代ではつくることができる。

リオ五輪の諸会場は、規格化された鉄骨の柱や梁(はり)、モジュール式の鋼板、コンクリート床といった共通の部品と座席、そして競技自体に必要な床やプールといったものがパズルのように組み合わせられている。8月21日にオリンピックが閉幕したら、会場として使用された建造物は解体、輸送され、新たな用途のために再び組み立てられるのだ。

すべての建築がリオのスタジアムに学ぶこと

ただし、これらはあくまで計画だ。ブラジルは深刻な財政問題を抱えており、政治的にも不穏な空気が漂っている。計画が遅れることやその一部が断念されることは十分ありうる。それでも、このアイデアはオリンピックのインフラを活用する方法を示している。

「巨大なインフラを活用する方法としては、これ以上ないほど素晴らしいやり方だと思います」とリオ五輪の計画を評価するのは、米国ニューヨークの法律事務所で、ヤンキー・スタジアムやメドウランズ・スポーツ・コンプレックス、レッドブル・アリーナなどの事業にかかわっているHerrickのパートナー、アーウィン・A・キッシュナーだ。「壮大な無駄遣いになるかもしれない事業が、新しい選択肢を得るのですから」

ロンドン五輪では一時的な施設が広く利用されたが、リオ五輪の会場は、オリンピックスタジアムを含めて、その多くがパンアメリカン競技大会やFIFAワールドカップなどのためにつくられた既存の施設だ。

最も持続可能なのは既存の施設を活用することだ、という意見もあるだろう。2024年の開催都市に立候補する米国ロサンゼルスは、そうしたアプローチを強調している。しかし、オリンピックの開催に必要なインフラが整っていない都市では、素早く、簡単に組み立てられるプレハブ構造が最適なのだと、ハンウェイは指摘する。

ロンドンのオリンピックスタジアムの設計を担当した米国の設計事務所POPULOUSのジェフ・キースによれば、一時的な建造物は、従来の建造物を新規に建てる場合と比べて、カーボンフットプリントを半分、コストを50〜80パーセント抑えることができるという。工期には幅があるものの、ほとんどの場合は、そうした臨時の建築物の方が早く完成する。さらに巨額の維持費も節約できる。

「世界が直面する環境的・経済的な課題に対応するためにも、工期が短く、軽く、持続可能な建造物を選ぶべきです」とハンウェイは言う。これはオリンピック会場だけでなく、すべての建物に言えることだろう。

RELATED

INFORMATION

VOL.24「NEW CITY」8/9(火)発売! 関連イヴェントを3連続開催!

8月は「新しい都市」を考えるためのイヴェントが目白押し! チューリヒの最新コンピューテーショナルラボを取材した豊田啓介(noiz)がデジタルネイティヴな建築の未来を語り(【満員御礼】8/8開催)、齋藤精一(ライゾマティクス)は大改造中のニューヨークで体感したまちづくりの新しいかたちを語る(8/17開催)。弊誌編集長による「WIRED on WIRED」も開催(8/7イヴェント終了)。