【蚊よバイバイ】1本51円?! 好きな香りで作れるコスパ最強の虫よけスプレー

写真拡大


「ブーン……ブーン」と、嫌〜な虫のアイツ、蚊が登場する季節。夏、学校行く時や外で働くイベントバイトなどは特に刺されやすいですよね。

蚊に刺されてしまうと、とってもかゆい! その上に大きく腫れ上がってしまうことも。冬まで痕に残ってしまったりと、夏の迷惑者。

実はこの“蚊”、嫌いな香りがあって柑橘系やハーブの香りが苦手だといわれています。市販の虫よけスプレーもありますが、匂いがキツイ。そこで、オーガニックの体に優く香りがいいものが簡単に作れることを発見。早速作ってみることにしました。

用意するもの

■用意する物(虫よけスプレー50ml分)
・エタノール … 5ml ※小さじ1
・アロマオイル … 10滴(レモングラスを使用)
・精製水 … 45ml
・スプレー容器(12ml・香水用遮光ボトルを使用)
※5ml以下の計量が難しいので、少量作るにはこのレシピが無難。
 

今回の費用ですが、

エタノール100ml(薬局で購入):280円
アロマオイル(ショップで購入):1200円
精製水500ml(薬局で購入):90円
遮光ボトル(100円均一で購入):108円

合計:1,598円となりました。アロマ以外はお安い印象。

虫よけスプレー作り50ml分と、容器1回分の費用はいかに?

さて、1本いくらくらいで作れるものなのでしょうか? 計算してみます。

・エタノール … (10ml)100ml入が280円なので、5ml⇒14円
・アロマオイル …(1回 10滴)10ml入り 1200円なので、1滴→0.05ml 10滴→0.5ml⇒60円
・精製水 … (45ml)500mlで90円の精製水を45ml使用⇒約8円
・スプレー容器 … 108円(12ml・香水用遮光ボトルを使用)
 

計算してみると、28円+60円+8円+108円=204円(50ml約4回分)

1ボトル(12ml)分は、約51円!

使用するオイルはお気に入りの香りをチョイス


アロマオイルを取り扱っているショップへ行くと種類がたくさんあるので好きな香りを選べます。近所の雑貨屋さんなどを探してみてね。


虫よけに効果があるアロマは、シトロネラ、ユーカリシトリオドラ(レモンユーカリ)、ゼラニウム、レモングラス、ラベンダーあたり。ゼラニウムはローズの香りがすると言われており、贅沢リッチな気分に。レモングラスは柑橘系のさっぱりした香りが特徴。

アロマはブレンドしても、1種類でもOK。お店でサンプルの香りをチェックできるので、クンクン嗅いで好みのものを選びます。今回は夏にさっぱり、レモングラスの香りを購入。

オーガニックな虫よけスプレー既製品はいくらくらい? 探してみた

 
「既製品の体に優しい虫よけスプレーの金額を調べてみてもらえますか?」とタウンワークマガジン編集部さんからの依頼。薬局やスーパーを探し歩いてみます。

季節コーナーや売り場をのぞいてみましたが、
オーガニックタイプの虫よけスプレー……


……ない!?


……ない!? やっぱり見当たりません。

ほか近隣のスーパーや薬局を4件探し回ってみましたが売っておらず! 普通に薬局では取り扱いが少ないことが判明。


探しまわってやっと見つけました。

『アウトドアボディースプレー』50ml 647円。

手作りの場合、50ml分がおよそ204円で作れるのでお買い得といえるでしょう。また、地域にもよると思いますがオーガニックの虫よけスプレーは入手困難。しかも割高…。パパッと手に入りやすい材料でリーズナブルに作ってしまえるのが手作りの魅力です。

作り方は超絶簡単! 混ぜるだけ

作り方
1.無水エタノール5mlにアロマオイルを10滴いれてよく混ぜ合わせます。
2.1に、精製水を45ml加え、混ぜ合わせます。
4.スプレー式の容器に移し替えて完成!!
 

アロマオイルは水には溶けにくい性質があるので先にエタノールとよく混ぜ合わせましょう。
作り終わったら、遮光式のスプレーボトルへ入れればOK。

残った虫よけ液体は空のペットボトルなどに入れて冷蔵庫に。飲み物と間違えないようにペットボトルにはマジックで日付や「飲んだらキケン!」などと書いておくといいと思います。

遮光ボトルはこれはおすすめ! 100均でみつけた可愛すぎるボトル


今回、100円均一でみつけた香水入れ用のボトルは、中が瓶になっているタイプ。


作った虫よけスプレーを入れると、まるで市販のコスメのように変身! これはしょっちゅうシューシューしたくなる可愛らしさです。


小さめサイズのリップグロスと並べると少し大きいくらいのサイズ感。化粧ポーチにポイッとINできます。


香水用の遮光ボトルシリーズ、カラーバリエーションやデザインが豊富なのでお気にいりのものを選んで。

※出来上がった虫よけスプレーは2週間程度で使い切りましょう。

使ってみた

さて、手作り虫よけスプレーをさっそく使ってみます。


「シュッ」と、ひとふき。

レモングラスの香りがホワン。アロマをさんざん嗅いで選んで作ったお気に入りの香り。コロンや香水の代わりになりそう。肌が弱い人は直接でなく、洋服にかけるのも効果あるそう。1時間程度は香っていたので、外出の際はそのぐらいを目安にシュッとこまめに虫よけスプレーをかけるといいかもしれません。


また網戸や家の窓周辺に吹きかけても虫よけ対策になるそう。網戸がない我が家のカーテンにかけてみました。
自分好みの香りをオリジナルで作ったので気分よく過ごせそうです。虫よけしつつリラックス効果もあり。

※効き目には個人差があります。
※また小さなお子さんの場合は、直接肌にかけるのではなくお洋服へシュッと虫よけが良いのではと思います。

まとめ


簡単に手作りできて1本たったの51円!! そして虫よけスプレーとは思えないかわいらしさ。
バッグや化粧ポーチにに忍ばせておいてこまめに虫よけを。コロン感覚で常備してみてはいかがでしょう。


※この記事はタウンワークマガジンとガジェット通信で共同制作しました。

文:erini 企画:ガジェット通信