インターネットに費やす時間が睡眠時間を上回る:英調査

写真拡大

英国の平均的な成人がインターネットに費やす時間は、1日9時間近く。約半数の人が、インターネットの利用によって睡眠や家事などを犠牲にしてしまっていることが英国情報通信庁の調査によってわかった。

「インターネットに費やす時間が睡眠時間を上回る:英調査」の写真・リンク付きの記事はこちら

英国の平均的な成人がインターネットに費やす時間は1日9時間近くとなり、睡眠などの人間にとって必要不可欠な行動に費やす時間さえ上回っていることが、英国情報通信庁(Ofcom)による最新の調査結果で明らかになった(回答者総数は2,525名、このうち500名は十代)。

また、成人回答者のうち11パーセントは「1日に50回以上インターネットにアクセスする」と述べている。

英国ではネット接続環境が向上し、家庭と企業の98パーセント近くが少なくとも1つのプロヴァイダーの4G接続サーヴィスを利用している。このことが、オンラインで過ごす時間の増加につながっている。また、英国でスマートフォンをもっている成人の割合が2015年の66パーセントから71パーセントに増えるなど、スマートフォン所有者の増加もこの傾向を後押ししている。

回答者の80パーセント以上は、インターネットのおかげで簡単にコミュニケーションできるようになったと述べる。だがその一方で、59パーセントの人々が1日のネット利用時間がどうしても長くなってしまうと答えており、34パーセントはインターネットからの離脱が難しいと答えている。

48パーセントは家事よりネットを優先してしまう場合があると答えているし、47パーセントは、たとえ翌日疲れても睡眠よりネットを優先してしまう場合があると答えている(その結果として遅刻になったことがあるという者も2割程度いる)。十代では60パーセントが、宿題よりネットを優先してしまう場合があると答えている。

まるで“恋愛”のようにウェブに夢中になっているこの状況は、対人関係にもよくない状況をもたらしている。成人回答者の31パーセントは、友人や家族の時間がネットで犠牲になる場合があると答えている。回答者の40パーセントが、スマートフォンやノートパソコンに夢中になっている友人や家族から無視され、「適当にあしらわれた」と感じることが週に1回はあると述べている。さらに17パーセントの人は、こうしたことが毎日起こっているという。

一方、意図的な「デジタルデトックス」を行って中毒状態からの脱出を試みている人もいる。調査では、ネット利用者の3分の1以上がそうした試みを行ったことがあると答えた。

こうした人々のうち、25パーセントは最長で丸1日ネットから離れることに成功し、20パーセントは最長で1週間ネットを使わずにいたという。さらに5パーセントの人は、最長で1カ月もの間ネットなしに過ごすという成果を上げたとのことだ。

RELATED