LINE依存に要注意!子どもにスマホを持たせるときに決めておきたいルール

写真拡大

今や小学生でも持っているスマホ。それとともに、子どもが巻き込まれるLINEなどネットトラブルも増加しています。写真や動画、個人情報が流出するなどの問題も後を絶ちません。後からルールを言っても子どもはなかなか守れないもの。子どもにスマホを持たせるときには、最初に必ずルールを決めておきましょう。
ルール1・利用時間を決める
子どもにスマホを渡す時、最初に決めておきたいのがスマホを使ってもよい時間帯。タブレットやLINEができる音楽プレーヤーでも同様です。例えば、食事中は触らない、勉強中はリビングに置いておく、夜10時以降は親に渡して電源を切るなど。

­

このようなルールは、使い始めてから言っても守らない場合が多いもの。子どもにスマホを使わせるときに、「このスマホはお母さんのもので、あなたに貸しているのよ。利用料金は月々○○円で、お母さんが払っているの。ルールが守れないようだったら返してもらいます」ということを伝えるとよいでしょう。

­

LINE依存というのは、常にLINEをチェックしていないと不安になってしまう状態。勉強中も1文字書いては返信、食事中も手放せずに誰かからメッセージが来るとすぐ返信という状況になり、日常生活そのものが正常に送れなくなってしまいます。当然、学校の成績や睡眠時間にも影響があり、今や子どもだけにとどまらない社会的問題になっています。

­

利用時間を決めようとすると、友達が夜12時までやっているからとか、仲間外れになるとか、いろいろ理由をつけて反発するかもしれません。特に反抗期に入っている子どもの場合はやっかいです。

­

そのような場合は、お母さんは10時までがいいと思うけど、あなたは何時ならいいの?というように、子どもの意見も聞くことも必要です。「それだと寝る時間が遅くなるのでは?」など心配な点を挙げてみましょう。子どもが例えば「じゃあ11時は?」と言ってきたら、一旦それを認めてあげるのもよいでしょう。その代わり朝一人でちゃんと起きるように約束させ、様子を見ることも必要です。

­

ただ、どうしてもここだけは譲れないというところは、子どもを守るためにも頑としてはねつけるようにしたいものです。
ルール2・フィルターをかける
スマホを持った子どもで心配なのが、いろいろなサイトにアクセスしてしまいトラブルに巻き込まれること。子どもを狙った悪質なサイトだけでなく、一般のサイトでも子どもや女の子のふりをした大人が下心を持って近付いてくることもあります。子どもが無防備にそれを信じて、外で会う約束をしてしまうことも。スマホを渡す前に、そのようなトラブルもあるということを伝え、必ず悪質なサイトに接続できないようにフィルターをかけましょう。特に、小学生、中学生の子どもには必要なことではないでしょうか。

ルール3・誹謗中傷はしない、人の写真を勝手にアップしない
子どもにスマホを使わせる際に、個人情報や自分の写真を勝手にいろいろなところにのせないように注意させることも必要です。友達の名前や写真を勝手にアップするのもダメだということを、きちんと話しておきましょう。

­

子どもは、スマホを遊びのツールと考えています。それが世界中につながっていて、いったんアップしてしまった情報を消すことはほとんど不可能だということに気付いていません。また、不特定多数の人、中には悪意を持った人も見ることができるということにも頭が回らないようです。

­

もし子どもにスマホを渡すなら、いじめにもつながる誹謗中傷、その人に面と向かって言えないことは決して書き込まないこと、自分や人の写真、個人情報をアップしないという約束をさせましょう。