スポーツで奮闘する子供たちに向けて

写真拡大

日本マクドナルドが2016年8月5日に始まったリオデジャネイロオリンピックの開催を記念し、スペシャルムービー「きみは まだ・・・」篇を公開している。夢に向かって挑戦する子供たちを応援するメッセージを込めた動画で、8月2日に公開されてから3日で100万回以上再生されるほど話題を集めている。

東京五輪新競技「サーフィン」に挑戦する少年の姿も

動画は柔道、陸上、体操、ラグビーの世界に足を踏み入れた子供たちに「きみはまだ、子供だから・・・」と言葉を投げかけるシーンから始まる。練習がうまくいかずに、失敗を繰り返すが、奮闘を続ける子供たちの姿がしばらく映しだされたあと

「きみは、まだ子供だから、どんな大きな夢も、信じることができる」

とメッセージの続きが浮かび上がる。オリンピックを機に、スポーツに取り組む子供たちを見守る大人たちが「子供たちの夢を信じることは、子供の幸せを願うこと」だという気持ちを再確認してもらいたいという想いを込めたムービーだ。

マクドナルドはアスリートを夢見る子供たちを「マクドナルド オリンピックキッズ」としてリオデジャネイロに派遣し、開会式の入場行進に参加したり、選手の姿を間近に感じてもらう企画を行ったり、子供が参加する各種スポーツイベントに協賛するなど、スポーツに取り組む子供たちを支援する活動を続けている。

8月5日には、「きみは まだ・・・」に2020年の東京オリンピックで競技に追加される「サーフィン」に挑戦する少年の映像を加えた特別ロングバージョンも公開した。