4点奪っても勝てず…DF藤春「もったいない試合だった」

写真拡大

[8.4 リオデジャネイロ五輪 B組第1節 日本4-5ナイジェリア マナウス]

 一瞬の隙を突かれた。前半6分、右サイドでボールを受けたFWイモー・エゼキールと対峙したリオデジャネイロ五輪日本代表DF藤春廣輝(G大阪)だったが、中央への突破を許してシュートを放たれると、GK櫛引政敏(鹿島)が弾いたボールをFWサディク・ウマルに押し込まれてしまい、先制点を奪われるきっかけを作ってしまった。

「相手の身体(能力)が予想以上というのはありました。ドリブラーというのは知っていましたが、中に切れ込むのは全然分からなかった。そういうところで試合中に相手の特長をつかまないといけない」

 その後も相手の背番号9の対応に手を焼き、後手を踏む場面も目立ったが、攻撃に移った際には躍動した。前半4分にはFW興梠慎三(浦和)との鮮やかなワンツーから左サイドを切り裂き、MF大島僚太(川崎F)へのピンポイントクロスで決定機を演出。

 そして、後半25分には鋭いグラウンダーのクロスを供給してFW浅野拓磨(アーセナル)のゴールをお膳立てした。「攻撃面では連係も見えて来たし、前よりは良くなっている」と手応えを得ている。

 5失点に「もっと声を掛けて誰が行くかをはっきりさせたいし、後ろに下がり過ぎると得点も許してしまう」と課題を挙げ、何よりも先制点を献上したのが痛かったと振り返る。「やっぱり先制されると、気持ち的にも苦しい状況になるので、先制点は大事」。攻撃陣が奮起して4得点を挙げたこともあり、「もったいない試合だった」と声を落とした。

(取材・文 折戸岳彦)


●リオデジャネイロ五輪特集