「オニツカタイガー×マクモ」人魚柄やタコ柄をプリントしたシューズを発売

写真拡大

 「オニツカタイガー(Onitsuka Tiger)」が、プリントファブリックブランド「マクモ(makumo)」とコラボレーションしたシューズを発売した。価格は税別1万2,000円で、オニツカタイガー直営店と公式オンラインストアで取り扱っている。 「オニツカタイガー×マクモ」の画像を拡大

 コラボモデルは「マクモ」のデザインによる人魚柄やタコ柄を施したプリントやレーザーカービングが配され、海の生き物たちが楽しげに浮遊する様子を表現。靴底にはジュード麻を用い、エフォートレスなデザインに仕上がっている。「オニツカタイガー」を代表する「メキシコ 66(MEXICO 66)」から2モデル「メキシコミッドランナーデラックス(MEXICO Mid Runner DX)」から1モデルを展開し、ブルー×ホワイト、ブラック×ホワイト、ホワイト×ホワイトの3カラーをそろえる。サイズは22.5cm〜25.0cm。 デザイナーの福山みきが率いる「マクモ」は、手書きしたデザインをシルクスクリーンの手法でハンドプリントするテキスタイルブランドで、生き物をモチーフにしたカラフルでポップなプリントを得意とする。公式オンラインストア