海にはたくさんの生物が存在する。現在は、おそらく1000万種類以上の生物がいると予測されているが、水族館にはこんな見慣れない生物も展示されているようだ。

 岐阜県にある「世界淡水魚園水族館 アクア・トトぎふ」。公式Twitterアカウントからは、企画展「インパクト・アクアリウム 〜衝撃の生き物たち〜」で展示されているカワテブクロというヒトデの仲間が紹介された。

 大きなものだと30センチにもなるそうで、野球のグローブに似ていると投稿している。

 しかし、Twitterユーザーからは違う反応が返ってきた。たしかにグローブというより、これは…。

 先ほどの投稿は、なぜか不適切な画像と判断されたことが報告されている。

 あなたはこれが何に見えるだろうか?

 その他、大きな画像や関連リンクはこちら