写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ドコモ・ヘルスケアはこのほど、「1年間の体重に関するからだデータ」の結果を発表した。同調査は2015年7月1日〜2016年6月30日にかけて、健康プラットフォーム WM(わたしムーヴ)利用者12万3,250人の体重・体脂肪率の蓄積データを集計・分析したもの。

2015年7月1日から2016年6月30日までの1年間の体重データを集計し、週ごとの平均体重を確認したところ、2015年8月9日〜15日の週が最も軽く、66.76kgであった。平均体脂肪率は、2015年7月26日〜8月1日の週が25.32%で最も低い数値となり、「夏やせ」が全体の傾向として確認できたという。

男性だけに絞って平均体重を見ると、平均体重が最も軽い週は、2015年8月9日〜15日の期間で71.40kgだった。最も平均体脂肪率が低かったのは、2015年8月2日〜8日の期間で23.0%。一方、最も体重の重い週は2016年1月3日〜9日で72.19kg となり、1年間では0.79kgの体重変化があることがわかった。

女性の平均体重が最も軽かったのは、2015年9月13日〜19日の期間で、56.83kgだった。平均体脂肪率が最も低かったのは、2015年7月26日〜8月1日の1週間で、平均体脂肪率は30.33%となっている。最も体重の重い週は2016年5月8日〜14日の期間に記録された57.59kgで、1年間では0.76kgの体重変化があった。

(フォルサ)