「碧空」ってなんて読む!? 2016年上半期“キラキラネーム”アクセスランキング発表!

写真拡大

度々、ニュースなどで話題になる「キラキラネーム」ですが、2016年上半期のキラキラネームアクセスランキングベスト30が2016年8月4日に発表されました。

さて、今年の上半期はどんな名前が注目を集めていたのでしょうか。

ビックリ! 「新生児」にまつわる、みんなが知らない意外な真実7

第1位に輝いたのは「碧空」くん

栄えある第1位に輝いたのは「碧空」くんです。読み方は「みらん」。

昨年上半期には30位圏外だったものの、昨年末には9位まで上昇し、今回第1位となりました。

サッカー日本代表の本田圭佑選手が AC ミランに所属していることも人気と関係があるのでしょうか。

第2位にランクインしたのは、「星凛」ちゃん。読み方は「きらり」。

2015年上半期には初のランクインで第4位、それ以降の年間・半期のキラキラネームランキングで、3回連続TOP5にランクインしている人気の名前です。

空や星、風など自然にまつわる漢字は依然として人気。さらにこちらも人気の漢字・名前である「凛」を組み合わせています。
「子供たちの希望の星となり、いつも明るく元気に育ってほしい。」という由来が込められていると回答したママも。

第3位にランクインしたのは「 奏夢」ちゃん。読み方は「りずむ」。

年間、半期ともに初ランクインで堂々のTOP3入りを果たし、今回最も順位を上昇させた名前となっています。

この「奏夢」ちゃんや第6位の「 美音( りずむ)」ちゃんのように、「奏」や「音」など音楽に関係する漢字のつく名前では、「りずむ」や「めろでぃ」などと読むものが多くみられているようです。

名づけは漢字の意味やイメージ重視のパパやママが多い!?

第9位の「心人」くん。読み方は「はーと」。この名前の由来は、「人から愛される人、気持ちで負けない子に育ってほしい。」という思いが込められているという意見もあり、2位の「星凛」ちゃんの由来もそうでしたが、名づけの時には漢字の意味やイメージが重視されていることがわかります。

人気の漢字は「星」「輝く」「姫」「心」「陽」

今回ランクインした中で唯一、漢字一文字の名前である「 妃」ちゃん、読み方「ひな」は、2014年上半期から長くランクインしており、漢字一文字では突出した人気を誇っています。

昨年上半期にランクインしていた「 華琉甘( かるあ)」ちゃんや「 桜利羽( おとは)」ちゃんといった漢字三文字の名前はランクインしませんでした。

また、2015年の上半期からの傾向として「星」や「輝」、「姫」などの漢字に加え、「 陽」 や「 心」 などの赤ちゃん 名づけトレンドで 人気の漢字もランキングに反映されてきています。

ちなみに、2016年上半期のランキング30位以内では今回新たに16の名前がランクイン、昨年上半期にTOP3にランクインしていた「 苺愛( いちあ)」ちゃん、「 皇帝( しいざあ)」くん、「 黄熊( ぷう)」くんは、いずれも順位を下げています。

キラキラネームは「人と違った変わった名前を付けよう」というよりは、好きな漢字や音を組み合わせたり、よい印象や意味を持つ漢字をあてるもの。
結果、少し無理矢理であったり、なかなか通常では読むことができない名前ができているのかもしれません。

さて、今回のランキングで読める名前はいくつありましたか?

参考資料: 無料 赤ちゃん名づけ キラキラネームランキング