科学になる前の科学を求めて:アルスエレクトロニカ・フェスに出演する画家・中山晃子が、WIRED Lab.で研究したいこと

写真拡大

濾過装置、絵の具、オーヴァーヘッドプロジェクター、ピアノ…。WIRED Lab.にさまざまな画材や機材を持ち込んで、 画家・中山晃子が8/6(土)〜8/11(木)までオープンアトリエを開く。最終日8/11(木)には、ピアニストとバグシンセ奏者を迎えてライヴセッションを行うという。WIRED Lab.でどんな「研究」を行うのか、本年度のアルスエレクトロニカ・フェスティヴァルにも出演する彼女に訊ねた。

「科学になる前の科学を求めて:アルスエレクトロニカ・フェスに出演する画家・中山晃子が、WIRED Lab.で研究したいこと」の写真・リンク付きの記事はこちら

2016年の4月末に開催された「Sound & City」で、その場で動く絵を描き出す「Alive Painting」を披露してくれた中山晃子。9月からアルスエレクトロニカ・フェスティヴァル(以下、アルスフェス)に出展する彼女が明日8月6日(土)から8月11日(木)までWIRED Lab.でオープンアトリエを開く(最終日の11日には、一夜限りのライヴセッションも予定されている)。そこでは、これまでの「描く」という活動に加えて「濾過する」「つくる」といった活動にもチャレンジするという。アルスフェスという世界最大のメディアアート・フェスティヴァルに向けて、中山はWIRED Lab.で何を準備するのか聞いてみた。

RELATED

廃水が「静物画」になる

──WIRED Lab.でのオープンアトリエは「『絵の具』再生工場」と題されていますが、何をされる予定でしょう。

去年は70回、「Alive Painting」のパフォーマンスを行いました。そのときにできた、濁った廃水をずっと家に貯めていました。500mlペットボトル70本分。自分としては、宝石だった画材がごみになるという価値観の変化についていけずに、捨てられなかったんです。ある時、廃水から岩絵具や雲母といった日本画の画材を再利用できないかなと思って、濾過してみることにしました。一見すると、どのペットボトルもグレーなんですけど、濾過すると1本1本の違いが出てとても綺麗でした。その時、これは作品になるなと思ったんです。まず70本分すべての液体を濾過して、そのなかからとくに個性的で綺麗に色が定着した濾紙を、額に入れて先日展示しました。

普段のパフォーマンスで取り組んでいる、流れ続けて固定しない「Alive Painting」に対して「Still Painting(静物画)」と名づけました。今回のWIRED Lab.では廃水が静物画になるまでの定着していく状態が作品にならないか、試してみたいと考えています。水が一滴一滴落ちている状態や、生乾きの様子をオープンアトリエで試しながら、公開してみたいんです。

──それは、廃水を濾過する過程を作品として公開するということですか?

そうですね。正直なところ、それが綺麗に作品になるか確信はないです。なんにもならないかもしれない(笑)。つまり美しいのか美しくないのかわからないです。ただ、そんな生まれてきたはいいけれど判断がつかない「危うい」状態のものを眺める時間が欲しいと思ったのが、今回の企画の出発点だったのです。もともと「Alive Painting」は、動いている状態のものや時間の変化を絵にできないかと考えて生み出した技法です。鉛筆によるデッサンでは描けないことを描くためのポジティヴな試みでした。ただ、それが廃水のような美しくないネガティヴな結果を生みだしてしまっていたわけです。そんな負の部分を、もう一度整理してあるべき場所に戻して、使える部分は再活用できないかと考えて取り組んでみたいです。

──廃水を作品にするのに、何を用いるのですか?

さまざまな種類の濾紙ですね。同じ廃水でも目の粗さによって絵柄が変わってきます。支持体(編註:画材を定着させる素材)と液体の関係でアウトプットが大きく変わるのが面白いんです。濾紙は廃水から不純物を取り除くというフィルターとしての機能をもっているだけではなく、別の作品をかたちづくっていた絵の具を、また新しい作品にしてくれます。廃水をフィルターで綺麗にして、透明な水をつくりだしたいし、絵としても綺麗な姿を見たい。そんな両方の側面で、今回の研究には取り組んでいます。

13815208_1408636765832317_2022380053_n-2

廃水を濾した濾紙。グレーの廃水から色とりどりの模様が生まれる。PHOTOGRAPH BY HARUKA AKAGI

画材をつくり、自給自足する

──「廃水」という対象は中山さんにとって、どんな意味があるんでしょうか?

「Alive Painting」のなかでは、水の上に浮かぶ泡を人に見立てたり、粉と液体の重なりを地層に見立てて、物語をつくっています。今回のプロジェクトでも、パフォーマンスから生まれた廃水が再生するという物語を感じています。ライヴでエネルギーを生み出していた画材が美しくない廃液になってしまうけれど、それをまた新しい絵を描くための水として再生する。そうすれば循環を生み出すことができて、どんどん新しいエネルギーを生み出すことができると考えています。

─中山さんの活動に関わるエコシステムを、自分でつくりだすということでしょうか。

大きな話に聞こえるかもしれませんが、そういう側面もあるかもしれませんね。今回のWIRED Lab.では、絵を描くために必要な全てが自給自足できるような仕組みを試してみたいと思っています。9月のアルスフェスでは、WIRED Lab.で実験する濾過の過程を作品として展示しようと思っています。アルスフェスのあとに参加する、ギリシャでのアーティストレジデンスでの絵の具づくりにもチャレンジしてみたいなと思います。

──絵の具をつくる?

水干絵の具、もしくは泥絵の具ともいわれる、土からつくる絵の具があるんです。ザルで土を荒く選別してから、水にいれて撹拌してゴミを取り除けば、絵の具ができる。仕組みとしては、廃水を濾過するのと近いですね。

──なるほど。最終日にはクロージングパフォーマンスも予定されてるとのことですが、どんな内容になるのでしょう?

アークヒルズで開催された「Sound & City」で展示された「Play Me, I’m Yours」というピアノがまだ使えると知ったのが始まりです。まず「Sound & City」のライヴのためにメロディーをつくってくれたMIKA KAWADAさんとアークヒルズにあるWIRED Lab.でパフォーマンスをしたいと思いました。それから、壊れたピアノやおもちゃを改造する活動をされているバグシンセサイザー奏者の中田粥さんは、 今回の廃水を再生させる試みと近いことをされていると思ってお声掛けしました。みなさんと競演させて頂くのが楽しみです。

──最後に、今回の企画はオープンアトリエですが、どんな人に訪れて欲しいですか?

夏休みということもあるので、「Alive Painting」に興味がある方だけでなく、ぜひ子どもたちにも来てほしいですね。設備と画材は揃えているので、いつでも「Alive Painting」や、濾過の過程をいっしょに体験できます。 画材を混ぜたり、色がついた水を濾過するのは、どこか科学的な楽しさがあります。「科学を知る前の科学体験」というのか。そんな楽しさを一緒に発見できればうれしいです。


夏休み限定! 画家・中山晃子の「絵の具」再生工場を見学しよう!

オープンラボ開催期間
8/6(土)〜11(木・祝) 13:00〜19:00〈入場無料〉

ライヴパフォーマンス
8/11(木・祝)20:00〜21:30〈1,500円〉
>>チケットはこちらから(Peatixへ)

場所
WIRED Lab.
(東京都港区六本木1-3-40 アークヒルズ カラヤン広場 スペイン坂入口)

ライヴパフォーマンス出演者
中山晃子|AKIKO NAKAYAMA
画家。液体から固体までさまざまな材料を相互に反応させて絵を描く「Alive Painting」というパフォーマンスを行う。科学的、物理的な法則に基づくあらゆる現象や、現れる色彩を、生物や関係性のメタファーとして作品の中に生き生きと描く。ソロでは音を「透明な絵の具」として扱い、絵を描くことによって空間や感情に触れる。近年では TEDxHaneda、MultipleTap EURO tour にも出演。
akiko.co.jp

MIKA KAWADA
香川県出身。3歳からピアノを習う。昭和音楽大学卒業。大学卒業後は、ミュージシャンのサポートでピアノやコーラスを担当。2009年より歌とピアノのユニットの活動を開始。ピアノ演奏や歌とのアンサンブルを追求し、作曲や編曲もする。2013年よりソロで自身の楽曲を発表。自然の音や動く絵との即興演奏、尺八とのコラボレーションなど活動の幅を広げている。14年秋より、初のリーダーとなるピアノ、チェロ、ヴァイオリンのトリオを結成。自身が主催するイベントで楽曲を発表。15年より、フラワーアレンジメント教室や個展、作家ギャラリー展などの空間作りの音楽提供なども始める。
mikakawada.com

中田粥|KAYU NAKADA
1980年、東京で生まれる。2006年、洗足学園音楽大学作曲科卒業。サーキットベンディングをピアノの内部奏法の延長上にあるものと捉え直し、シンセサイザーやリズムマシンなど電子楽器数台分の剥き出しにされた回路基板を「バグシンセ」「bugsynthesizer」と名付けてリアルタイムにショートさせる方法で演奏を行う。2013年、東京の実験音楽シーンで活動を開始。16年、拠点を大阪に移動。現在、アートスペースFIGYAの運営に携わる。
kayunakada.com