ガチ勢の極み!仕事を辞めポケモンGOのプレイヤー育成に転職する男現る

写真拡大

ミスターSASUKEも真っ青、「ポケモンGO」への愛ゆえ、仕事を辞めて「ポケモンGO」を生業とする者がついに現れた!アメリカのロサンゼルスに住む24歳の青年Benny Affonsoさんは、「ポケモンGO」に熱中するために仕事を辞めました。驚くべきことに、彼のステータスはレベル33! そのステータスを利用し、彼は「ポケモンGO」を盛り上げるビジネスをこれから始めるようです。

■ 職業欄は「ポケモンGOのイベントプロモーター」

「ポケモンGO」リリース以前のBenny Affonsoさんの職業は、バーガーキングのマネージャーとイラスト学校のインストラクター。しかし、彼の生活は「ポケモンGO」をきっかけに一転しました。「ポケモンGO」の世界に魅了されたAffonsoさんは仕事を辞め、いまや朝5時まで夜通し「ポケモンGO」のためのイベントに参加してプレイヤーたちとゲームを楽しんでいるのだとか。

もはや「ポケモンGO」廃人と言っても過言ではありません。とはいえ、やはり仕事を辞めてしまったためなのか、Affonsoさんいわく「現在の生活はとても貧しい」のだそうです。

しかし、Affonsoさんは「ポケモンGO」をきっかけとした新たなビジネスを始めることを企てています。彼の持っているステータスは、レベル33。それは到底の人にとっては達成できないステータスです。そのことを利用して「ポケモンGO」に関するイベントを開催して収入を得ることが彼のビジョン。Affonsoさんは、「ポケモンGO」のイベントのプロモーターになろうとしているのです。「ポケモンGO」内で指定されているジムでプレイヤー同士がポケモンを戦わせることがイベントの主な内容。

また、「ポケモンGO」が世界各国で盛り上がりを見せるなか、Affonsoさんは「ポケモンGO」を利用したビジネスを始めないプレイヤーに対して「もったいない!」と語っています。

■ ポケモンGOにはリアルの生活にない快感がある

Affonsoさんは「ポケモンGO」を通して、落ちぶれていた自分自身を変えることができたのだそうです。そのためか「ポケモンGO」に熱中する彼に魅了され、多くのプレイヤーが彼の仲間になりました。Affonsoさんも「多くの友達ができた」と語っています。「ポケモンGO」をきっかけにライフスタイルや価値観が変わったのは、彼のみならず多くのプレイヤーに言えることでしょう。

また、Affonsoさんは「新たな発見や仲間づくり、ポケモンを強くさせレベルアップさせることの楽しさは、リアルの生活では得られないものだ」と、興奮しながら語っています。

■ ポケモンGOで未来が開けた人も

Affonsoさんの例にとどまらず、ニュージーランドでは「ポケモンGO」の虜になり、仕事を辞めてポケモン探しの旅に出たプレイヤーがいます。彼こそ文字通りのポケモンマスター。

「ポケモンGO」に関して、一部では「リアルの生活と混同してしまい、思わぬ事故が起こるかもしれない」などといった懸念がありました。しかし、リアルの生活と「ポケモンGO」の世界が融合することによって新たな人生のスタートラインに立った人もいるのです。そんなポケモンマスターたちの門出を讃えてあげたいです!

(image by Facebook)
(著:nanapiユーザー・mekds 編集:nanapi編集部)