4日、韓国メディアによると、韓国国防部は、日本が在韓米軍に配備される高高度防衛ミサイルのレーダーが探知した情報の共有を求めた場合、「日米韓情報共有約定の範囲内で共有が可能」と明らかにした。これに、韓国のネットユーザーがコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年8月4日、韓国・YTNによると、韓国国防部は、日本が在韓米軍に配備される高高度防衛ミサイル(THAAD・サード)のレーダーが探知した情報の共有を求めた場合、「日米韓情報共有約定の範囲内で共有が可能」と明らかにした。

同部の文尚均(ムン・サンギュン)報道官は同日の定例会見で、「日米韓情報共有約定により、北朝鮮の核・ミサイルに関する情報は米国を介して共有することになっている」と明らかにした。

これに先立ち韓国軍当局は、国会の懸案質疑で「北朝鮮ミサイルの下降段階に関する情報を、早期警報の目的で日本に提供しても実効性がない」とし、日本との情報共有の可能性を否定していた。

これについて、韓国政府当局者は「日米韓は必ず必要な場合にサードレーダーの探知情報を共有するが、これは状況に合わせて判断される」と説明した。

この報道に、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「韓国の領土を自国の領土と主張する日本と情報を共有…。やっぱりここはヘル朝鮮(地獄の韓国)」
「独島(竹島の韓国名)を狙う日本とはいかなる情報も共有してはならない」

「韓国政府の言うことは、はなから信じていない」
「米国の操り人形になるのはやめてほしい。今の韓国政府は本当に無能で情けない」
「日韓軍事同盟を結び、核武装を始めるべき」

「結局、日本を守るためにサードを配備するということ。いっそのこと、韓国を日本に売ってしまえばいいのに」
「日本の属国になるということを遠回しに言っている」

「サードは日米防衛用のレーダー。米国が韓国を守る目的で高価なサードを配備するわけがない」
「その分、韓国も日米から情報を得られるということ。韓国だけが損するわけじゃない」(翻訳・編集/堂本)