写真提供:マイナビニュース

写真拡大

インテックとアシストは8月5日、インテックが販売するWebアプリケーション統合基盤「OutSystems Platform」と、アシストが取り扱うBRMS(ビジネスルール管理システム)「Progress Corticon」を組み合わせた「超高速開発ソリューション」で協業していくことを発表した。

OutSystems Platformは、PC/タブレット/スマートフォンなどの様々なデバイスに対応したWebアプリケーションの構築をコーディングレスで実現できるWebアプリケーション統合基盤で、処理アイコンや矢印等を用いてビジュアルベースで処理フローを設計すると、必要なプログラムコードを同基盤が自動生成する。

また、パフォーマンス管理、バージョン管理や複数環境への配備の自動化など、開発だけでなくシステムの保守および運用フェーズでの大幅なコスト削減を支援する。

一方、Progress Corticonは100%コーディングレスでビジネスルールをありのままに表現し、要件の追加・変更を迅速にシステムに展開できるBRMS。ルールの数やデータ処理の複雑さが増した場合でも、高いパフォーマンスを発揮するいった特徴を持つ。

今回、両社では、それぞれの製品を組み合わせビジネスルールをProgress Corticonで管理し、アプリケーションをOutSystems Platformで開発/運用することで、システムの開発フェーズにおける生産性向上と、保守の容易性による運用フェーズでの負荷軽減に加え、コスト削減を支援する超高速開発ソリューションで協業していく。

(辻)