職場デニムはアンクル丈。毎日デニム派

写真拡大 (全3枚)

ワードローブのひとつとして、当たり前の存在になったデニムパンツ。

以前、グリッティで職場でデニムパンツを履けるかアンケートをとってみたところ、「履ける」が66%、「履けない」が34%という結果(※)になりました。

普段着としてだけじゃなく、ビジネスシーンにも浸透してきているようです。

職場ではアンクル丈ですっきりさせる

職場でデニムパンツを履くなら、ハイウエストタイプが一番。股上が深いので、動き回ってもしっかりと下腹をガードしてくれます。しゃがんだときにずれてパンツがこんにちは、なんてこともありません。

また、スキニーデニムはフィットしすぎる。ボーイフレンドデニムはダボっとする。でも、ほどよい余裕のあるストレートデニムなら、トップスをきれいめなものにするだけできちんと感が出ます。

さらに、アンクル丈なら足首が細く見え、女性らしさもプラスされます。

着痩せ効果でメリハリをつける

M.deux / 7,452円(税込)

知的でクールな印象を与えてくれるブラックデニム。黒はそれだけで着痩せ効果があるので、スタイルにメリハリがでます。どんな色のトップスとも相性がいいので、一本あると重宝するアイテムです。

>>購入はこちら

ほどよいウォッシュ加工で力を抜く

20160803_denim02.jpg

SLY / 15,088円(税込)

脚を長く見せてくれるストレートタイプのデニム。ハイウエストなので、短め丈のトップスとも相性抜群。ブルーデニムと白の組み合わせは、ぐっと清潔な印象に。

>>購入はこちら

オールシーズン履けるインディゴデニム

20160808_zozotown_denim01.jpgURBAN RESEARCH / 9,720円(税込)

きれいめにもカジュアルにも合わせやすいのがインディゴデニム。『NATURAL BEAUTY BASIC』のインディゴデニムパンツは、立体加工が施されていて、腰回りをスマートに見せてくれます。春夏はTシャツ、秋冬はニットとオールシーズンはまるのもインディゴデニムならでは。

>>購入はこちら

デニムが職場でも履ける。いい時代です。

※2016年8月4日現在

image via Shutterstock

文/グリッティ編集部