かねてからウワサになっていたマツダ・ロードスターベースにしたイタリアン・ブランド車がいよいよ日本にも登場です。

1

FCAジャパンは、アバルトブランド初のオープンスポーツモデルである新型「Abarth 124 spider(アバルト124スパイダー)」を、2016年10月8日(土)より全国のアルバルト正規ディーラーにおいて販売開始することを発表しました。

  

アバルト124スパイダーは、1960年代のデビューとともに多くを魅了したオリジナルの「124 spider」のオマージュとして現在に蘇った新型車で、本格的な2人乗りオープンカーの走りに加え、スリルとテクノロジー、安全性、イタリアンデザインを融合したモデルです。

  

また、マツダ・ロードスターをベースに、生産はマツダの本社工場で行い、スタイリングデザイン、パワートレイン、室内装備・材料、サスペンションやステアリングフィールはFCAが独自で開発したものになっています。つまり、ロードスターをベースにイタリアンテイストを盛り込んで日本で生産される、ということです。

  

エンジンは1.4リッターの4気筒ターボを搭載。最高出力は170ps、最大トルクは250Nmで、0-100km/h加速は6.8秒と俊足です。

トランスミッションは6速マニュアルと6速オートマチックの2タイプを設定。マニュアルはストロークの短いダイレクトなレバーによる速やかで正確なシフトが特徴です。トルクコンバーターを採用したオートマチックは丹念なチューニングを施したことで、エンジントルクをフル活用するとともに本格的なレーシング感覚を実現。シフト操作は、センターコンソールのレバーでもステアリングホイールのパドルスイッチでもクイックに行うことができる、といいます。

サスペンションは、フロントにダブルウィッシュボーン式、リアに5アームのマルチリング式を採用し、コーナリング時や減速時の安定性を高めるよう特別なチューニングを施しています。ステアリングのフィードバックは、パワーステアリングシステムに専用のスポーツ設定を採用しています。

ビルシュタイン製のモノチューブショックアブソーバー、特別な設定のスプリング、オーバーサイズのアンチロールバーにより、最適なハンドリングと精度の高い走りを実現したそうです。

  

FCAアバルト・デザインヘッドのルーベン・ワインバーグ氏は「夢が現実になりました。レース感覚を日常に味わえる、スポーツカー好きにはたまらないクルマです。アバルト124スパイダーの面白さに勝るものはないと保証します。」と自信を見せていました。

そうそう、なぜエンブレムがサソリなんだろうと思っていたのですが「サソリの毒のように一刺しの刺激を味わえる」とのことでしたよ。確かにフロントデザインは獲物を狙っているような顔つきで、なぜサソリのエンブレムなのかが納得できます。

マフラーにもサソリのロゴがありました! 4本出ているマフラーは、懐かしいスポーツカーの世界観を表現しているように思えます。

価格は6MTが388.8万円、6ATが399.6万円。ロードスターより少しお高い設定です。

マツダ・ロードスターとは見た目に一味違ったアバルト124スパイダーですが、走り味も意外なほどロードスターとは違うと聞きます。その気になる走りを早く試してみたいものですね。

(文:島田 有理/写真:小林 和久)

Abarth 124 Spider(アバルト124スパイダー)が現在に蘇って登場! (http://clicccar.com/2016/08/05/391099/)