「ナイジェリアの方が自信があった」悔しさ滲ませるMF中島

写真拡大

[8.4 リオデジャネイロ五輪 B組第1節 日本4-5ナイジェリア マナウス]

 序盤から激しい点の取り合いとなった。リオデジャネイロ五輪日本代表も細かなパスワークからナイジェリアゴールに迫り、MF中島翔哉(FC東京)もボールに積極的に絡んでリズムを生もうと奮闘した。

 前半12分にはFW興梠慎三(浦和)に鋭い縦パスを打ち込み、MF南野拓実(ザルツブルク)の得点の起点となり、同25分には自ら左サイドから持ち込んでゴールを脅かした。

「自信を持ってボールを持てばパスもつながると思うし、ゴールまで行けると感じた」と手応えを語る一方で、「ただ、ナイジェリアの選手の方が自信があった」と相手の方が自信を持ってプレーをしていたと振り返る。

「自分たちは決して下手なチームではない。自信を持ち、もっと落ち着いて周りを見ながら、皆でやっていければいい」

 4点を奪いながらも5失点を喫しての黒星。失点は「誰のせいでもない。失点は皆の責任。自分もシュートを打たせないような守備をしないといけない」と語りつつも、攻撃の選手として「失点した分、取り返さないといけない。より質の高い攻撃、質の高いプレーを目指したい」と7日に行われるコロンビア戦での巻き返しを誓う。

(取材・文 折戸岳彦)


●リオデジャネイロ五輪特集