(写真左から)メイプル超合金の安藤なつさんとカズレーザーさん、福田萌さん

写真拡大

三菱UFJファイナンシャル・グループのカブドットコム証券とKDDIは 2016年8月4日、株取引等専用スマホアプリ「kabu.com for au」の提供を開始した。同日、東京都内でマスコミ向け発表会が開催され、タレントの福田萌さんとお笑いコンビのメイプル超合金の2組がゲストに招かれた。

福田萌さんとメイプル超合金の安藤なつさんはいつもと変わらぬ姿で登場。一方、カズレーザーさんはトレードマークの金髪・赤い服ではなく、黒髪・スーツ姿で現れた。「(大学卒業時に)就職活動したときも、皆さんがご存じのあの格好(赤い服)のまま面接を受けた」「物心ついてからはじめてかもしれない」と話し、東京・大手町で働くビジネスマン風にポーズを決めた。

株取引スマホアプリはポケモンGOより簡単!?

お茶の間からの株を上げて、知性派芸能人の仲間入りを狙うカズレーザーさんは、「kabu.com for au」の操作を通じて株取引を疑似体験した。

最初にIDとパスワードを入力してマイページを開く。日経平均株価やJPX日経400、TOPIX、NYダウ、為替の情報が一覧表示される。ニュースメニューではロイターやFISCO発の経済情報をチェックした。

いよいよ株の購入にチャレンジ。実は同アプリから注文すると「auで株式割」が適用され、現物株式売買手数料が一律1%割り引かれる。ファイナンシャルプランナー2級の資格を持ち、FXを継続的に行うなど投資に高い関心を持つ福田さんは、「へぇ〜!」と声を上げた。

「株式買注文」のページで購入手続きはあっけなく完了。「レアなポケモン(GOのキャラを)探すより楽ですね」とカズレーザーさんは感心する。

デモ終了後、安藤さんは「一人で老後を過ごす可能性が私は高いので、簡単に投資をしていきたいなと思いました」と、貯蓄から投資に資産運用を変えることをほのめかす。カズレーザーさんは「株式やFXはがっつり儲けようという話が多いですが、(アプリの登場で)ハードルが下がり、親しみやすくなるのはいいことだと思います」と、キャラに似合わぬ優等生発言でまとめた。

 発表会に続いて囲み取材が行われた。「いま売れに売れてますね。(お金は)くさるほどあるんじゃないですか?」とリポーターから質問が飛ぶと、月収隠さない芸人を自称するカズレーザーさんはこうぶっちゃけた。

「先月も80万円ほどもらいましたし。いや82万円だったかな」

そしてやや冗談を交えながら、「kabu.com for au」を使った株式投資に意欲を見せた。

「明日には億万長者ですよね。ウォーレン・バフェット、ジム・ロジャーズ、そしてカズレーザーっていうくらいのランクに入りますね。ジョージ・ソロス超えますから」

同アプリの利用料は無料。ただしauのスマートフォン向け有料会員サービス「auスマートパス」の加入者のみ利用可能。また当面はAndroid版のみで、iOS版は数か月以内にリリースする見込み。