【疑問】スポーツカーメーカーがこぞってSUVを出すわけとは?

写真拡大 (全10枚)

SUVはブランドイメージを損なわず利益を追求しやすい

日本に導入されたばかりのジャガーFペイスをはじめ、マセラティ・レヴァンテ、ベントレー・ベンティガなど、これまでラフロードのイメージが薄いスーパーカーメーカーがSUVを出している。

さらに、ランボルギーニも、1980年代に登場させた「LM002」以来となるSUVであるランボルギーニ・ウルスを用意している。果たして、エキゾチックな魅力でブランドを高めてきたスーパーカーブランド、プレミアムブランドは、どうしてSUVを作り始めているのだろうか。

そのヒントとなるのは、やはりジャガーFペイスの存在だ。ジャガーブランドを生み出しているのは、ジャガー・ランドローバー社である。つまり、同社はクロスカントリービークルのトップブランドといえる「ランドローバー」、「レンジローバー」を有している。

そのなかで、ジャガー・ブランドのSUVを用意するというのは、プレミアムブランドのSUVはクロカン4WDとはバッティングしないことを意味している。少なくとも、メーカーは食い合いすることはないと考えているはずだ。

すでに世界的にSUVムーブメントが広がって久しい。スポーティなイメージを持つブランドがSUVを出したからといって、ブランドイメージを棄損することはない。

さらにジャガー・ランドローバーの判断から想像するにクロカン4WDとユーザー層が異なる。であれば、高価格に設定しやすいSUVに進出しない手はない。

通常のサルーンやクーペでは2WDがスタンダードになるが、SUVであれば4WDは前提となるため価格は上げられる。つまりメーカーの立場でいえば、利幅を大きくできるのだ。

新興国の富裕層というターゲットとその国の道路事情がポイント

とはいえ、メーカーの都合でSUVがムーブメントになっているわけではない。購入するユーザーがいるからこそのブームだ。

ここでポイントになってくるのは、新興国における自動車市場の拡大であろう。SUVの登場以前までは、車高が低いスポーツカーやクーペがスタイリッシュなクルマの条件とされている面もあったが、ロードクリアランスの小さいクルマは、整備されていない道路(舗装されていない、凸凹の多い道路)では楽しめない。

しかし、最低地上高を確保しながらスタイリッシュなフォルムをバランスさせるというコンセプトから生まれたSUVであれば、そうした地域向けのプレミアムカーとしてのニーズを満たせるのだ。

20世紀の終わりに先進国向けの都市型4WDとして生まれたスタイルが、道路インフラの整備が追い付いていない新興国市場にマッチしたといえる。さらにスーパーカー、プレミアムブランドにとって、相変わらず新興国の富裕層はメインターゲットである。

グローバルマーケットを単純化することは難しいが、少なくとも、この2つの事象だけでも、ハイエンドSUVというカテゴリーが拡大している理由が見えてくるのではないだろうか。

(文:山本晋也)