【注意】クラクションは鳴らしても鳴らさなくても違法の場合あり

写真拡大 (全7枚)

法律で定められているが解釈が難しい

簡単なようで、正確に答えられるかというと、意外に難しいのがクラクションの使い方だ。感覚として、「無闇やたらに鳴らしてはダメ。だからほぼ使わないのが正しい」という意見と「危険はいっぱいだから、適宜使ってOK」という意見に二分するような気はする。

実際のところはというと、まず法律的には道路交通法第54条で定められていて、第1項では「次に掲げる場合においては、警音器を鳴らさなくてはならない」とし、「左右の見通しの利かない交差点や曲がり角。そして山間部の道路など、曲折が多い場合などで、なおかつ標識などによって指定された場所」としている。

標識などで指示された場所以外では鳴らしてはいけないように取れるし、実際、続く第2項では「法令によって警音器を鳴らさなければならないとされている場合を除き、警音器を鳴らしてはいけない」とズバリ定義している。この点が無闇に鳴らしてはいけない派の論拠といえそうだ。

ただ、最後に「危険を防止するためにやむを得ないときは、この限りではない」と付け加えているのだが、逆にこれは適宜使っていい派の言い分になりそう。

威嚇するような使い方は確実にNG

そもそも、危険を防止するためなやむを得ないときというのがどんなときか今ひとつあいまい。迫り来る自転車や飛び出す子ども。さらには車道側に少しはみ出して歩いている歩行者だって、すべて危険と言えば危険だ。いちいち鳴らしていいのか?

とりあえず言えるのは、人に向けてはダメ。また信号が変わったとか、対向車に対してじゃまだからもっと寄せろなどでは使ってもアウトだろう。こういった威嚇的な行為は確実にダメだし、危険な場合でもやむを得ないとあるから、ちょっとしたことで鳴らすのも違反だ。

そうなると、ほぼクラクションは使わないし、使うのはよほどのことが起きたときというのが正解かもしれない。

違反するともちろん罰金が科せられる。鳴らすところで鳴らさないと5万円以下。使用してはならないような場所や条件で鳴らすと2万円以下となるから覚えておいてほしい。

ちなみにクラクションと呼ぶけど、これは和製英語で、本来はホーンが正しい。クラクションとはクラクソンというホーンのブランドがなまったもの。クラクソンのホーンは現在でも手に入れることはできる。

(文:近藤暁史)