【噂の真相】ハイグリップタイヤを履くと遅くなることがあるって本当?

写真拡大 (全6枚)

サーキットなどで遅くなることはない

結論からいうと、そんなことはない。軽自動車だろうが、コンパクトカーだろうが、Sタイヤ(セミレーシングタイヤ)や、ラジアルでも最高レベルのハイグリップタイヤを履けば、黙っていたってサーキットのラップタイムなどは速くなる。

今日のクルマなら、タイヤのグリップに負けてしまうような、やわなボディ、サスペンションのクルマはまず見当たらない。

ただし乗り味という部分となると、話は別。NAの小排気量車に、最強のハイグリップタイヤを履かせると、タイヤにパワーが喰われてしまう感じがするのは否めない。

また20年以上前のクルマで、走行距離も10万kmオーバーといったクルマになると、いくらスポーツカーでも、ボディやブッシュがヤレてきているので、そこにワイド化したハイグリップタイヤを履かせてしまうと、ボディのくたびれ感が強調されてしまう……。

というわけで、そのクルマ本来のドライビングフィールを大事にしたいのなら、とりあえずタイヤサイズは純正サイズをキープすること。タイヤは年々驚くほど進歩しているので、サイズアップしなくても新しいタイヤにするたびにグリップも上がっているので、十分パフォーマンスアップが実感できるはず。

逆に経年劣化で、ボディがヘロヘロになってきていると感じていたら、タイヤの銘柄をワンランク下げてみると、釣り合いが取れて、ボディが若返ったように感じることもある。(例:アドバンやポテンザ→ヨコハマ「Sドライブ。「Sドライブ」も、いいスポーツタイヤです)

ハイグリップタイヤの性能を活かすにはサイズが重要

まとめると、まず、サーキットなどの速さという点では、ハイグリップであればあるほど有利。ただし、最近のハイグリップタイヤは、ラジアルとは思えない強力なグリップを発揮する代償として、摩耗が驚くほど早いタイヤもあるので要注意。

また、ドライグリップは高いが、ウエット性能は……というタイヤも、一般道で使うことを前提とするならすすめられない。ドライグリップとウエットグリップの性能差が小さいことも、公道における高性能タイヤの要件だということも覚えておいてほしい。

また、いいクルマほどタイヤへの依存度が低いので、少々摩耗したタイヤ、少々グリップの劣るタイヤでも楽しく走れる。もし、新品のハイグリップタイヤならゴキゲンだが、少しでもタイヤのパフォーマンスが落ちると、乗り味も途端に悪くなるとすれば、そのクルマは、セッティング、レイアウト、基本パッケージ、ディメンションetc. に問題があるのかもしれない!

たしかに一部の高性能タイヤでは、過剰なグリップ争いが見られ、そのあおりで、値段が高くてライフが短いタイヤや、サイズが限定されて選べないなどという弊害も出てきているが、基本的にスポーツ走行を楽しむのなら、グリップの高さがデメリットになることは考えにくい。

比較的エンジンパワーが低いクルマでも、純正サイズ、もしくは純正オプションのタイヤを基準に、そこからサイズアップさえしなければ、ハイグリップタイヤの長所をきちんと生かすことができるだろう。

(文:藤田竜太)