アメリカで人気のエッグ・イン・ザ・ホール作ってみた ズボラ朝食におすすめ!

写真拡大

腹に入れば全部一緒! には変わりないんですが、やっぱり見た目の可愛さも重視したいというインスタグラマーたちの間で今、アメリカの定番朝食となっているエッグ・イン・ザ・ホールが話題になっているのでつくってみました!

【関連:朝食新メニューにいかが?インスタで話題の「メロンパントースト」】

エッグ・イン・ザ・ホールの材料

材料はパン一切れ、卵1つ、バター1かけがベース。
今回は好みにアレンジして乾燥バジルとケチャップと塩を用意してみました。

まずはパンの真ん中にコップなどで丸い繰り抜きを入れます。フライパンにバターを落として溶かしたら穴を繰り抜いたパンを入れ、繰り抜いた部分に卵を落として弱火でじっくりと焼きます。好みの焼き加減になったらお皿に移し、バジルと塩をパラパラかけてケチャップを添えたら出来上がりです。

パンの真ん中にコップなどで丸い繰り抜きを入れます
繰り抜いた部分に卵を落として焼く

とにかく見た目が可愛いのと、卵がパンと一体化してすごく食べやすいんです。好みによってマヨネーズ、ソース、ブラックペッパーなど好きなものをつけてもオッケー。オシャレな食卓を楽しみたいという思春期のお子さんを持つママやオシャレにうるさい旦那さんがいる家庭では絶対に喜ばれること間違いなしですよ!


半熟とろっがたまらない

(文:大路実歩子)