市は対応に困惑!アメリカの公園に「ピカチュウの像」を無断で設置

写真拡大

世界中で大人気のARゲーム「ポケモンGO」。日本でもリリースされ、多くの方がポケモンマスターを目指していますね。ただ、あまりの人気のせいか、アメリカでは公園にピカチュウの像が建てられました!

【 写真入り記事は関連記事 「元記事」 からチェック! 】

■ 一夜に建てられたピカチュウの像

像が建てられたのはアメリカ・ルイジアナ州のニューオリンズ市にあるコロシアム・スクエア・パーク公園。なんと一夜にして出現しました。この像をひと目見ようと、各地からファンが集まっています。とても立派なピカチュウが、腕を組んで空を睨んでいます。台座にはモンスターボールが描かれ、その裏側には「POKEMONUMENT」と書かれています。ちなみにこの公園、ポケモンGOではジムに設定されています。Twitterでも、#POKEMONUMENTというハッシュタグが生まれ、撮影した写真が公開されています。もし、ニューオリンズ市にいったときはピカチュウの像と一緒の写真を撮影して、#POKEMONUMENTを使って写真を公開してみてください。

◎ 作者不明、市は困惑中

現在ニューオリンズ市はピカチュウ像を誰が作成し、建てたのか調査しているため現在は作者不明。市の公園に勝手に像を建てるのは違法のため、どうしたらよいか困惑しているとのこと。像が建てられた場所は、もともと噴水でしたが使われていなかったため「撤去せず、このままではいいのではないか」という声もあります。

■ 観光名所となったチャージング・ブル像

アメリカでは、以前にも勝手に像が建てられていたということがありました。それは「チャージング・ブル」と呼ばれる雄牛の像で、現在は観光スポットの一つとなっています。1987年にニューヨークの株式取引で「ブラックマンデー」と呼ばれる歴史的な株価大暴落が起きました。元気がない市民を勇気づけるため、Arturo Di Modica氏が1989年ウォールストリートジャーナルの前に、大きな雄牛の像を建てたのです。勝手に建てたため違法ということで一度は撤去されましたが、市民の猛抗議により、場所を移してウォール街近くのボウリング・グリーンの広場に設置されました。ひょっとしたら、今回のピカチュウ像も公園の像となり、観光名所となるかもしれませんね。

■ ピカチュウが歌う「ピカチュウのうた」がリリース!

アメリカではピカチュウの像が設置されましたが、日本ではピカチュウが歌う「ピカチュウのうた」がアニメ「ポケットモンスターXY&Z」のエンディング楽曲としてオンエアされます。ピカチュウが1曲すべてを担当するのはシリーズ史上初。同楽曲は、8月4日のアニメから使用されます。またフルバージョンも配信されています。

(image by visualhunt)
(著:nanapiユーザー・のこりうどん 編集:nanapi編集部)