【警告】ナイジェリア=アムジエ(8分) 日本=なし
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】オグヘネカロ・エテボ(ナイジェリア)

写真拡大 (全4枚)

[リオ五輪グループリーグ第1戦]日本4-5ナイジェリア/現地8月4日/アレーナ・アマゾーニア
 
【五輪日本代表・総評】 4
「耐えて勝つ」はずが、まさかの打ち合いに。個の力で勝るナイジェリアの主戦場に引き込まれてしまい、自分たちの戦い方を失ってしまった。4点を取ったことは次戦以降につながるとも取れるが、試合開始6時間半前にブラジル入りしたナイジェリア相手に完敗を喫した現実はあまりに厳しい。

【リオ五輪・ナイジェリア戦PHOTO】まさかの5失点…守備が崩壊し、大事な初戦を落とす

 [個人採点・寸評]
[GK]
1 櫛引政敏 4
立ち上がりに2点を失い、その後もビルドアップで足もとの拙さからチームのリズムを崩す苦しい内容。思い切りの良い飛び出しもあったが、計5失点とそれ以上にネガティブな面が目立ってしまった。
 
[DF]
2 室屋 成 3.5
1失点目はサディクへのマークが遅れ、2失点目はハイボールに届かず入れ替わられてしまった。サイドを駆け上がっても、そこから次の一手に精度を欠き、挽回できなかった。

4 藤春廣輝 4.5
マッチアップしたエゼキエルとの1対1に苦戦。試合途中から徐々に押し返したとはいえ、自身のサイドから崩される場面が多かったことを考えれば、厳しい評価にならざるを得ない。
 
5 植田直通 4.5
身長192センチの大型FWサディクと激しい肉弾戦を展開。最後の局面で身体を張っていた一方で、発展途上の塩谷との連係面を突かれ、最後はナイジェリアの波状攻撃に屈した。
 
6 塩谷 司 3.5
失点で気落ちしかねないなかで、声を張り上げて守備陣を鼓舞。ただ、前半終了間際のサディクへの対応はあまりに軽く、4失点目もPKを献上。ナイジェリアに主導権を与えてしまった責任は重い。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

[MF]
3 遠藤 航 5
両脇の広大なスペースをケアしつつ、左SBの藤春もカバー。球際への寄せやボール奪取で光るシーンはあったが、縦につけるパスの精度がイマイチで、カウンターを受ける場面も多かった。
 
8 大島僚太 5.5
満を持して、ブラジル入り後の実戦で初スタメン。どんどんボールを受けて3トップにボールを供給し、2得点に絡んだ。ミケルに徹底マークを受けるようになり、失点につながるボールロストもあったが、大島がいなかったら結果以上の一方的な展開になっていただろう。
 
7 原川 力 5(53分OUT)
矢島との争いに勝って先発出場。ボールホルダーへのプレッシャー役に追われ、攻撃面での貢献は制限。同じインサイドハーフの大島に比べると、攻守ともにインパクトに欠けた。
 
[FW]
10 中島翔哉 4.5(76分OUT)
球際で競り負け、パスミスも連発。ボールロストの回数が多く、攻撃のチャンスを潰してしまった。エースナンバーの役割は守備ではなく得点。あまりに物足りないパフォーマンスだった。
 
13 興梠慎三 5(70分IN)
プレッシャーのかかるPKを冷静に決めるあたりはさすがチーム最年長。しかし、前線でタメを作れる時間帯と、孤立する時間帯が両極端。警戒していたウイングとの距離感が遠くなってしまい、流れの中では上手くフィニッシュまで持ち込めなかった。
 
18 南野拓実 5.5
13分、GKとの1対1を冷静に制し、股を抜いて同点ゴール。裏を狙う意識も高く、アフリカ勢相手に個でも戦えることを示したが、自陣深くまで押し込まれる場面も多く、スタミナを浪費してしまった。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
[交代出場]
FW
16 浅野拓磨 6(53分IN)
後半早々に登場。悪い流れを変えようと縦横無尽にボールを追い掛け、自慢のスピードで脅威に。大差のなかでの得点ではあったが、2戦目以降につなげる意味では明るい材料をもたらした。

FW
11 鈴木武蔵 6(70分IN)
興梠に代わって1トップへ。79分にはボールを奪ってひとりでカウンターに持ち込むもゴールネットは揺らせず。しかし、浅野とともに背後を狙うプレーはわずかな可能性を感じさせ、試合終了間際には意地の一撃を決めた。
 
MF
9 矢島慎也 ―(76分IN)
浅野にボールが入ると左サイドをフリーランニング。懸命にフォローに回ったが、周囲と連動できず、ボールをキープしてタメを回数もほどんどなく、持ち味は半減してしまった。

監督
手倉森誠 4
「先制点を取る」「先に点を与えない」というゲームプランがあっさりと崩壊。2得点を挙げ、一度は同点に追いついたまでは良かったが、再び守備が崩れてしまっては打つ手がなかった。
 
取材・文:小田智史(サッカーダイジェスト特派)
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。