奥手女子必見!「サシ飲み」で好きな人を振り向かせる方法

写真拡大

好きな人ができても「どうせダメだろう……」とアタックする前からあきらめていませんか?

「振り向いてもらえないから」「相手を困らせてしまうから」と勝手にこじつけて、お地蔵さんのようにまったく微動だにしない奥手女子。好きな人がいても、「かっこいいな〜」と遠くから眺めることしかできない、なんてこともしばしば。

失敗することに恐れていては、いつまでも成長できません。誰かがアプローチしてくれるのを待っていたら、人生損してしまうかも。

というわけで今回は、ライバルに取られる前にぜひ挑戦してもらいたい「サシ飲み」で好きな人を振り向かせる方法をお伝えします。

■サシ飲みは「下心あり」とは思われない?

もし自分が男性に誘われたら、「自分に気があるのかな?」と頭をよぎるもの。男性とサシ飲みといえば、「脈ありでなければダメ」と思う人も少なくないはず。しかし、その心配はありません。

マイナビニュースが男性200人に対して「恋愛関係にない男女のサシ飲み(1対1で飲みに行くこと)はありですか?」とアンケートを行ったところ、72%が「はい」と回答。男性は恋愛感情がなくても気軽に飲みに行く人が多いようです。

「異性の意見は、新しい気づきがある」や「いろいろな話題が出てくる」など、異なる視点で会話できることにワクワクしているのでしょう。

男性は、「2人で飲むこと」を女性よりも重く考えていないので、好きな人に「2人で飲みたい」と誘っても、「狙っている」とは思われることは少なめ。「先輩と飲みに行きたいです」と一言の勇気を出してみてください。

■フランクに話せるのは「L字型の席」

日程が決まって、いざお店や席を決めるとなると、どういうところが「THE狙ってます」にならないか全くわからないですよね。好きな人がパッと決めてくれる人であれば問題ありませんが、頼まれたら慌ててしまいます。

そんなときは、行動範囲がかぶる場所を取り上げて、カジュアルな雰囲気でゆっくり話せるお店を探してみるといいかも。

お店選びのワンポイントは、L字型の席を選ぶこと。向かい合わせのテーブル席だと、相手の顔がはっきり見えて緊張してしまいます。かといって、横並びのカウンターであると、距離が近すぎてドキドキするもの。

その反面、L字型は一定の距離を保ちやすく、自然に視線を送ることができます。真っ正面を見ていても、表情が見えるので、男性は嫌な気持ちになりません。

■話題は「表面上」から攻める

それほど仲の良い間柄ではないとき、「どんな話題を振れば良いのかわからない」と悩む人も多いはず。思わず変な質問をして相手に嫌われてしまったら、これまでの努力が水の泡ですよね。

会話に詰まったときは、「表面上から分かること」を話題にしてみましょう。例えば、「そのスーツ素敵ですね。毎日着こなしを考えるのって大変じゃないですか?」などです。まずはおおざっぱなことを聞いてから、少しずつ内面を探っていくと会話が弾むはず。

盛り上がりに欠けてきたら、「今度ワンピースを買おうと思っていて、ピンクと黄色どっちの色がいいと思いますか」など、簡単な相談事を投げかけてみてください。

頼られてイヤな気分になる男性は少ないので、喜んで耳を傾けてくれるはずですよ。「助かりました!ありがとうございます」の一言も忘れずに。

■その場で「次の約束」をこぎつける

気がつけばそろそろ帰る時間。「また2人で会いたいなぁ」と思ったら、その場で次の約束をこぎつけるのが大切。「また行きましょうね」と言うだけでは、そのまま流れてしまうことが多いので要注意。

「今度●●行きませんか。いつ空いてます?」と軽い感じで誘ってみましょう。

その場で自分の趣味や相手の趣味の話題が出たら、それに関連させてもいいかもしれません。例えば、音楽が好きならライブ、スポーツが好きならスポーツ観戦など。「俺、映画好きなんだよね」と言われたら「どんな映画が好きなんですか?今度オススメの映画見に行きましょうよ!」など。

急に次回のデートに誘うのは勇気が必要なので、話の流れを利用してフランクに誘うのがオススメです。

■帰ったあとの「連絡」は必至事項!

Couples toasting at bar counter

せっかくのサシ飲みをしても、帰ってからなんの連絡もしないのでは記憶に残りずらいもの。家に帰ってからは必ず「楽しかった」「ありがとう」という気持ちを伝えましょう。些細な事ですが、「楽しかった」「おいしかった」などの好印象な言葉を貰えると、男性は無条件にテンションが上がります。

おごってもらった時はなおさらですが、感謝の気持ちに加え、「サシ飲み、楽しかった!」と一言LINEを入れるだけで、相手からの印象が格段にアップしますよ。

恋に奥手な女性は、経験の乏しさゆえ、何に対しても恐怖を感じてしまいがち。ですが、サシ飲みを何度か繰り返せば、「彼も脈ありかも」と自信を持てるはず。ちょっとの勇気を振り絞って、頑張ってみてくださいね。