痛恨の5失点…大事な初戦で日本がナイジェリアに敗れる…《リオ五輪》

写真拡大

▽日本時間5日に、リオ・デジャネイロ オリンピック(五輪)のグループB第1節のU-23ナイジェリア代表vsU-23日本代表が行われ、5-4でナイジェリアが勝利した。

▽AFC U-23選手権を制してリオ五輪の出場切符を掴み、6大会連続10回目の出場となった日本が、ネイションズカップで優勝し2大会ぶり7回目の本大会出場となったナイジェリアと開幕戦で対戦した。

▽大事な初戦に向けて日本は[4-3-3]のフォーメーションを採用。GKに櫛引を起用し、DFは右から室屋、植田、塩谷、藤春。中盤は遠藤がアンカーに入り、原川と大島がインサイドハーフを務め、前線は右から南野、興梠、中島が務めた。対するナイジェリアは航空機の問題により、試合開始約6時間前にマナウスへと到着しており、コンディション面に問題が残る。

▽重要な初戦は日本が良い入りを見せると、4分に左サイドを突破した藤春が入れた緩やかなクロスに、ボックス右へと侵入した大島がダイレクトで合わせる。得点とはならなかったが、サイドを使った攻撃で、最初のチャンスを作り出した。

▽しかし6分、右サイドでエセキエルが仕掛けたところを藤春と中島が挟み込むが個人技で突破されてシュートを放たれる。これをGK櫛引が弾いたところにサディクが詰めてナイジェリアが先制した。しかし日本も直後の9分に大島のパスを受けた南野がボックス内で倒されてPKを獲得。これを興梠が冷静に決めて、1-1の同点とした。

▽タイスコアに戻したことで落ち着いて試合を運びたい日本だったが、右サイドからのアーリークロスを室屋が被ってしまい、そのままエテボにゴールネットを揺らされてしまった。それでも日本は11分、またも大島のスルーパスから巧みな反転でゴール方向にボールを置いた南野が、GKとの一対一で冷静に股抜きのシュートを沈めて、日本がまたも同点とした。

▽2-2となって以降は試合が落ち着く。日本はナイジェリアの攻撃を受ける際に[4-5]の2ラインを敷いてスペースを埋める。さらに相手のキーマンであるミケルには遠藤が対応して自由を与えない。それでも身体能力で上回るナイジェリアがじりじりと攻め込んでいく時間が増え、日本にとっては耐える時間が続いた。

▽しかし42分、サディクにボールを運ばれたところを塩谷が何とか遅らせる。しかしこの流れから植田がルーズボールをクリアしきれずにいると、こぼれ球を拾ったエテボが蹴り込んでナイジェリアが勝ち越して前半を終えた。

▽後半はお互いに交代なしで迎えた。迎えた51分、塩谷と室屋で挟み込むもその隙間をサディクに突破されてしまう。後手となった日本は、ボックス内で塩谷がサディクを倒してしまいPKを献上。やや不運な判定ながらも、これをエテボに沈められて日本は2点を追いかける展開となった。

▽手倉森監督はすぐさま原川を下げて浅野を投入。前線に興梠と浅野を置いて、大島がボランチに下がり[4-4-2]に変更した。しかし2点をリードしたことでナイジェリアが余裕をもってボールを回し、日本は取りどころを絞れずに後手の状態が続く。

▽すると66分には右サイドからのグラウンダーのクロスがボックスに内に入ってきたところをGK櫛引が足でブロックしに行く。するとこのこぼれ球を拾ったエテボがこの日4点目を奪い、日本は3点差とされてしまった。

▽日本は70分、左サイドでためを作った中島のパスから、攻め上がった藤春のグラウンダーのクロスを、浅野がヒールで流し込んで5-3とした。その後、日本は興梠を下げて鈴木、中島を下げて矢島を送り出して同点を目指す。

▽85分には左CKから遠藤が折り返したボールを塩谷が頭で狙うが枠を捉えきれず。終盤はナイジェリアがうまく時間を使いながら戦うことで、日本はなかなか相手陣内にボールを運べない。後半アディショナルタイム5分にはスルーパスに反応した鈴木がボックス内で切り返して左足でシュートをねじ込んだが、反撃はここまで。大事な初戦で日本は黒星発進となってしまった。

【順位表】グループB第1節

(勝ち点/得失点)

1.ナイジェリア(3/5/+1)

2.スウェーデン(1/2/0)

2.コロンビア(1/2/0)

4.日本(0/4/-1)