写真提供:マイナビニュース

写真拡大

キングソフトは8月4日、同社のビジネス・チャット/社内SNSである「WowTalk(ワウトーク)」の最新バージョン8.0を公開した。新バージョンでは、タスク管理やメンションによる個別通知、グループ・トークごとの通知のオン/オフ切り替えが可能になった。さらに管理画面においては、企業のニーズに応えるべく新機能を追加実装した。

タスク管理機能では、担当者を設定しタスクを作成・編集が可能。作成したタスクへのコメントや画像を添付でき、タスクを中心とするコミュニケーションもできる。自分のタスクを把握したり、相手にタスクを依頼したりする際に利用でき、また各担当宛にアラートを通知するため業務の進捗管理に有効だという。

メンション機能は、グループ・トーク内で個別に名指しすることで、相手に通知できるもの。「@(アットマーク)」を入力すると、グループに所属しているメンバー・リストを表示。ここから相手を選択し、メッセージを送ることで相手のトーク・リストにメンション・マークを表示・通知する。また、グループ全体で内容を共有しつつ、メンションで相手を指定することで、トーク履歴に埋もれることなく個別のやり取りができる。

グループ・トークごとの通知オン/オフ設定は、グループ・トーク内で新しいメッセージの投稿があった際のプッシュ通知を、グループ・トークごとに個別でオン/オフを切り替えられるもの。緊急連絡時のトークはオンに、そのほかはオフに切り替えるなど、優先順位に応じて自由に設定可能だという。

ピンコード機能は、アプリ起動時にPINコードかパターンで設定したパスワードの入力がなければ起動しない設定。個別にパスワードを設定することで、セキュリティ強化につながり、情報漏洩対策に効果的だとしている。

また、スタンプを新たに40種追加。テキストだけでは伝わりにくい表現やコミュニケーションを加速させたい時に便利だという。

今回のバージョンアップにより、要望の高かったユーザー単位の機能カスタマイズ設定が可能になった。チームや部署など個別で「ロール」を作成し、WowTalkで使える機能の使用可・不可を細かく設定できるという。

さらに、Webブラウザ版にログインする際に、WowTalkアプリからQRコードを読み込むことで、企業アカウントやパスワードの入力を省略してログインが可能となっている。

(山本善之介)