お手入れ簡単で気軽に利用できる

写真拡大

夏になると部屋の中のむわっとした臭いが気になりませんか?そんなときにおすすめなのが、最近雑貨屋さんでも目にすることが多い「アロマストーン」です。好みのアロマオイルを垂らすと自然の芳香剤となるアロマストーン。お手入れ簡単で気軽に利用できると人気のアロマストーンについて、作り方や使い方などを紹介します。

■ 夏の臭い対策に!最近話題のアロマストーンとは?

◎ アロマストーンとは?

精油やフレグランスオイルなど、香りのオイルを染み込ませて使う素焼きのプレートです。最近は石膏で作られたものも出ています。

◎ メリット・デメリット

初心者でも使いやすいと評判のアロマストーン。その魅力はどこにあるのでしょう?メリットとデメリットを紹介します。

【メリット】
・取り扱いが簡単
・かわいいデザインのものが多い
・火や電気を使わない(安全性が高い)
・置き場所を選ばない(小さな子がいても安心)
・香りが優しい(強い香りが苦手な人でも大丈夫)

【デメリット】
・素材によっては落とすと割れる
・ランプやディフューザーよりも範囲が狭い
・持続時間が短い
・香りが弱い

■ アロマストーンの作り方と使い方

本来は素焼きのプレートを使うアロマストーンですが、石粉粘土や石塑粘土を使うと簡単に手作りできるんです。作り方を紹介します。

◎ 用意するもの

・石粉粘土(石塑粘土)
・シリコン型
・濡れた雑巾、または霧吹き
・絵の具(色つけ希望の人)
・お好みのオイル

◎ アロマストーンの作り方

粘土をこねて好みの柔らかさにします。固すぎる場合は、霧吹きで水を吹き付けるか、ぬれ雑巾で粘土を包み、ほどよい柔らかさにしていきます(直接少量の水を加えても構いません)。色をつけたい人は、絵の具を少量ずつ加えて練り込みます(白いままでよい人はこの工程を飛ばしてOK)。ある程度の柔らかさになったら、粘土をシリコン型に入れて型抜きします。終わったら通気性のいい場所で2〜3日乾かせば完成です。使う際にお好みのアロマオイルを数滴垂らしてください。

◎ おすすめの使い方

・ 玄関に置く

来客時にふんわりと香るように玄関に置いてみましょう。

・ 寝室に置く

寝室に置くのもおすすめ。アロマランプよりも優しい香りが持続しますよ。

・ トイレに置く

トイレに置くのもおすすめです。香りは毎朝垂らすようにしましょう。

・ ソファや机の横にかけておく

リラックスしたい場所に壁掛けするのもおすすめです。

・ プレゼントする

実はアロマストーンって、プレゼントするととても喜ばれます。

■ 自分好みのものを作ってみては?

おしゃれでかわいいアロマストーン。簡単に手作りできるので、あなたも作ってみませんか?

(image by 写真AC)
(著:nanapiユーザー・eto 編集:nanapi編集部)