写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アクティブコアは8月5日、同社の統合型マーケティングプラットフォーム「activecore marketing cloud」に、新たにメールエンジンの搭載を開始したと発表した。

これにより、プライベートDMPに蓄積された顧客の属性・趣味・嗜好や、自社サイトのWeb行動履歴といったデータを基に抽出されたターゲットにメールによる情報配信が可能となる。

これまでの「activecore marketing cloud」におけるメール配信は、メールベンダーの配信ツールを利用していたため、抽出されたターゲットのリストを、別途配信ツールにアップロードすることや、予約配信の同期作業が必要になるなど、配信へのタイムリーな連携が難しいとの課題があったが、今回の機能強化により、専用メール配信エンジンを搭載することで、他社ツールとの連携のための同期作業は不要となり、デジタルマーケティングに関わるメンテナンスも一本化される。

また、メールエンジン搭載にあわせ、新たに追加されたシナリオ効果を可視化する「ビジュアライズレポート」は、プライベートDMPのデータを分析し、担当者が実際に「シナリオビルダー」機能を用いて画面に描いたアプローチシナリオ(顧客へのレコメンドやメール、広告配信)を設定することで、メール配信から効果測定までを完遂することができるという。