生理予定日前でもわかる?『妊娠初期』のチェック方法
多くの人が妊娠に気づくのが、妊娠してから4〜8週目の妊娠初期。それより前の0〜4週を妊娠“超”初期とよび、その時期に起こる小さな症状で、妊娠の可能性を予測することができるのです。

妊娠“超”初期症状は3〜4週に多い

妊娠期間は昔から「十月十日(とつきとうか)」といわれるように、最後の生理から分娩まで約10カ月。この妊娠期間を約3カ月ごとにわけて、妊娠初期(4〜15週)、妊娠中期(16〜27週)、妊娠後期(28〜39週)と呼びます。ちなみに多くの人が「妊娠した!」と気づくのが、妊娠初期の4~8週目あたりです。

厳密な医学用語ではありませんが最近では、妊娠0〜4週を「妊娠“超”初期」と言い、人によっては、この妊娠超初期の間の3〜4週に「妊娠超初期症状」が出る場合もあるそう。これは「妊娠検査薬で陽性が出る前」に起こる体の変化。超初期症状がではじめるのは、着床から生理予定日の間のだいたい妊娠3〜4週の間です。かなり小さな症状なので、気づかない人も多く、確実に妊娠がわかってから「そういえばあの時」といったように、思い出すくらいだとか。ですが、事前に症状を知っておけば、少しでもはやく、妊娠の可能性を知ることができるようになります。

妊娠超初期症状と生理前症状はとても似ている

小さな変化のため自己判断がしにくい、妊娠超初期症状。生理前症状と似ているのには、妊娠のしくみと関係があります。

妊娠は、まず卵子が卵巣から排卵され、その排卵した卵子が卵管に吸い上げられます。そして、卵管の中で精子と出会って受精。その後、受精卵が成長しながら4〜6日かけて子宮内へ移動。この時、受精卵は、受精してから約24時間で分裂し2個の細胞に。48時間後には、さらに分裂して4個にというように、時間とともに倍々に分裂を繰り返しながら、卵管の運動により子宮腔内の方へと送り込まれていきます。

受精卵が成長している間、子宮内膜は着床に向けての準備へ。排卵後の卵胞から分泌される「黄体ホルモン」が、子宮内膜に作用し子宮内膜が受精卵を受け入れられる状態に整えます。そして、約7日目に準備のできた子宮内膜に着床します。この着床した受精卵がやがて成長し赤ちゃんになるのです。

この排卵後に分泌される「黄体ホルモン」。妊娠中・生理前には、必ず分泌されるので、妊娠初期症状と生理前症状は区別がつけにくいのです。特に似ているのが、黄体ホルモンの影響で起こる下記の3つの症状になります。

1)胸の張り、乳首が痛む
乳腺を発達させる作用があるため。胸が張ったり、乳首が痛くなったりします。

2)便秘や下痢
流産を防ぐために、子宮を収縮させます。その影響を受けて子宮の前にある大腸も収縮し、便秘に。黄体ホルモンの分泌が少ない時は、下痢になることもあります。

3)眠気や倦怠感
眠気を招く作用があるので、常に眠かったり、倦怠感で体がだるいといった症状が起こります。

また、妊娠超初期症状のわかりやすい兆候のひとつとして「着床出血」があります。受精卵が子宮内膜に着床する際に、子宮内膜に小さな傷がつきそれが出血にいたるもの。起こりやすいのは、生理予定日の1週間前から生理予定日までの間です。ただ、「着床出血」自体がおこらない人もいますし、起こっても生理と勘違いして気づかない人もいます。

基礎体温はいつもより0.5〜1.0℃上がる

妊娠の兆候をいち早く知る方法として、一般的なのは基礎体温計測法。日頃から計測している人なら、その数値から妊娠の兆候を知ることができます。普段の体温は、排卵日から次の生理が始まるまで高温期が続き、生理が始まってから次の排卵までは低温期が続きます。この高温期が2週間以上続いたり、いつもの基礎体温と比べて、0.5〜1.0℃上がるなどの変化が見られたら、妊娠している可能性が高くなります。