オーガニックかつグルテンフリーのものならより安心

写真拡大

米国は日本よりも歯に関することに熱心です。子どもたちは主治医に勧められ、2歳から半年に1度、定期検診に通っています。1年前の検診で、とうとう長女が、歯の矯正をすすめられました。

また歯磨き後にマウスウォッシュをするように言われました。たまたま義理の妹とココナッツオイルの話をしていたところ、彼女はヨガの先生に勧められて、ココナッツオイルを使って「オイルプリング」をしているというのです。

5分もたつとやめたくなった...

オイルプリングとは、オイルを口に含んでうがいをする健康法のひとつで、その起源はインドの伝統医学「アーユルベーダ」。実は義妹のヨガの先生は、アーユルベーダの資格を持っています。オイルはごま油やオリーブオイルでもいいそうですが、ココナッツオイルに含まれる成分「ラウリン酸」が口の中のバクテリアを除去したり、虫歯を防いだり、歯茎の健康を保ったりするのに、より効果があるといわれています。義妹自身も効果を感じて、ずっと続けているそうです。

やり方は至って簡単。大さじ1のココナッツオイルを口に含み、10〜20分間、くちゅくちゅし続けるだけ。最後はそれを吐いて捨てますが、オイルなので洗面台に流してはいけません。オイルプリングの間は、本を読んだりテレビを見たりと、何をしていてもいいそうです。

実際やってみたのですが、少量とはいえ、オイルを口に含むことにまず気分的な違和感あり。口に含むと、ココナッツオイルはオイルの中ではサラッとしているほうなので、意外と抵抗なくいけるのですが、だんだん固まってもったりとしてくるので、口を動かすのがつらくなります。5分もたつと、もうやめたくなりました(笑)。

ハリウッド女優も「オイル洗浄」で美貌保つ

くちゅくちゅしているうちにオイルに口内のばい菌が付着していくため、オイルを飲み込んではいけません。大さじ1の量が多いと感じれば、それより少なくてもいいそうです。

くちゅくちゅと口を動かすことで口の周りの筋肉を刺激するのが大事。年齢とともに女性にとって気になりはじめる「ほうれい線」にも効くそうですが、これを20分も続けるのは結構つらい。なんとかがんばっても10分でしょうか。それでも効果があるという医者もいます。

オイルプリングで口臭予防、歯のホワイトニング、免疫力アップなどの効果も期待できるといわれています。

なおオイルプリングに使うココナッツオイルは、バージンココナッツオイルやエクストラバージンココナツオイルのように精製しておらず、非加熱のものを使うほうがより好ましいとされています。アレルギーがある方は使用に注意してください。

ハリウッド女優で現在43歳のグウィネス・パルトロウも、「ココナッツオイルプリング」であの笑顔を維持していると聞くと、私もちょっと頑張ってみようかなと思っているところです(笑)。

●筆者プロフィール

北雨利香。南カリフォルニア在住。2児の母。40歳をこえた途端に、定期健康診断で毎回のようにひっかかり、医者にサプリを飲むよう指導される。興味のあることは美容、健康、子供の教育、米国プロスポーツ、米国大統領選挙、ハリウッドゴシップ。