とある大学で展示されていたものが「素晴らしい!」と称賛を集めている。2016年7月28日に投稿されたこんなツイートが、話題だ。

ではここで、実際どんな展示物だったのか、見てみよう。

これは東京海洋大学の越中島キャンパスの百周年記念館資料にある歯車こと「機構学模型」の展示品を撮影したものだ。どのようにして機械が動くのか、そのメカニズムを学ぶために使われるものだという。文字通り「機械的」な歯車の動きではあるが、そこに「美しさ」を見出す人が続出し、大きな反響を呼んでいる。

画像はイメージです(Charlie Walesさん撮影、Flickrより)

このツイートには、こんな反応が。

歯車の展示なんて初めて見ました!大きさもさまざまで、アナログな感じが「かわいい!」と思ってしまいました(笑)。(ライター:a rainbow)