食べたいものは食べ、自分の気持ちに正直に!モデル・持永真実さんのキレイの素とは

写真拡大

Photo:Chihiro Ishino

雑誌『ELLE girl』のキュレーターや、さまざまなスポーツシーンで活躍するモデルの持永真実さん。今回は、持永さんが実践されている美容法や、初心者向けにスポーツの始め方について伺いました!

キレイの秘訣は、素の自分を磨くこと!

Q.普段、美容面で気をつけていることはありますか?

スポーツをしていること以外は、特別なことはしていないかもしれません。食べることが好きなので、食べたいものを食べていますし、お酒も飲みます。好きなものを我慢すると長く続かなくなってしまうから、食生活は気を使いすぎないようにし、たくさん食べたらその分動くなどメリハリをつけるようにしていますね。食は、一生ついてまわってくるものなので、本当は食べたいのにご飯を抜くみたいなことはあまり良くないなと思います。

ホノルルトライアスロン後には、ハンバーガーをぺろり♡

Q.ファッションなどで、こだわっていることはありますか?

可愛いお洋服を着るのももちろん素敵だけど、私はベースの部分を大切にしています。どんなに可愛いお洋服を着ていても、髪や肌がボロボロだと素敵じゃないと思うので、素の自分を大切にしようと思って。最近、Instagramを見てくださっている方に「キラキラしてますね」っていうコメントを頂くようになったんです。それって、例えばキラキラのラメアイシャドウをつけてるとか、お洋服を着ているとかではなく、ライフスタイルへの評価だと思うのでとても嬉しいです。今後もそういった部分を大切にしていきたいです。

ポジティブでいるために、自分の気持ちに正直に

Q.持永さんのように前向きな気持ちになるためには、どうしたらいいですか?

私の場合は、本当にスポーツのおかげなんです。もしスポーツを始めたいという方がいたら、ぜひ楽しんで取り組んでもらえれば、前向きに過ごせるのではないでしょうか。痩せたいからとりあえずジムに行こうっていう人も多いかと思いますが、自分が興味を持ってできそうなものからやってみると良いと思います。

特に初心者におすすめなのは、ゲーム感覚でできるものですね。例えば、バスケなど。とにかく、まずは楽しめないと続かないと思うので、自分自身が楽しいって思えるかが大事だと思います。あとは最近のスポーツブームで、いろいろなイベントが開催されているので、友人などを誘ってみんなでスポーツイベントに行くのもおすすめです。私自身も、いろいろなイベントに参加することでスポーツ仲間が増えました。

スポーツ仲間と共に走った駅伝

Q.何事もストイックに取り組まれているイメージの持永さんですが、辛いことを楽しくする工夫などはされているのですか?

毎日ストイックにトレーニングをしているイメージを持たれがちなのですが、試合前などを除けば、毎日トレーニングをしているわけではないですよ。気が乗らない時は、無理してトレーニングはしないです。無理にやったら嫌いになってしまうかもしれないので、行きたくなるまでほったらかしにするときだってあります。気を抜くところはしっかり抜くというのも継続するコツかもしれません。

あと、形から入るタイプの人は、シチュエーションに合わせてウェアを変えるのおすすめですよ。私自身も、形から入るタイプなので、昼間はカラフル、夜街中を走るときはモノトーンのウェアにするなど、シチュエーションに合わせたウェア選びを楽しんでいます。

素敵なウェアだとトレーニングもさらに頑張れる

Q.最後に、持永さんから同世代の女性へメッセージをお願いします。

自分が興味のあることは、まずなんでもやってみて欲しいと思います。そして人からのお誘いも断らず、いろいろと挑戦して、少しでも合わないと思ったら、辞めてもいいんです。そうやって何ごとも食わず嫌いをしないことで、本当にやりたいことや自分に合っていることが見つかるのではないでしょうか。

いったいその華奢な身体のどこにエネルギーがあるの? と思ってしまうくらいアクティブな持永さん。非常に努力家なのですが、同時に日頃から自分の気持ちに正直でいることが上手な方だという印象を受けました。これからの持永真実さんのご活躍にも期待が高まります。最新情報は持永さんのHPやSNSでチェック!

モデル・持永真実(もちながまみ)
17歳よりモデル活動を始め、現在はフリーランスのモデルとして雑誌『ELLE girl』のキュレーターを務める。また、マラソン・キックボクシング・トライアスロンなどを通して、スポーツウーマンとしても活躍中。
HPInstagram【関連記事】
・ 「自分らしい」個性と美しさを手に入れる秘訣とは?モデル・持永真実さんにインタビュー
・ ヘルシーな魅力で20代の憧れの的♡Ungrid・高園あずささんにインタビュー

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。