多摩川上流部にはアユの「友釣り」を楽しむ釣り人も多い

写真拡大

 夏の夕暮れ時、東京都心から電車で約20分の住宅街を流れる川の水面から、無数のアユが元気に飛び跳ねる。山梨県・笠取山を源流とし、東京都と神奈川県を流下して東京湾に注ぐ全長138キロの多摩川の中流域。東京湾で育ち、生まれ故郷の多摩川に遡上する「江戸前アユ」が今夏も母川へ戻ってきた。

「現在、この辺りのアユは『一跳ね千匹』といって、1匹が水面から飛び跳ねると、その水面下には1000匹いると言われます。川がきれいになり、アユの数はかなり増えました。味もこの5〜6年で格段によくなりましたよ」

 河口から約26キロ上流の二ヶ領上河原堰(調布市・川崎市)で多摩川を眺めながら、淡水魚研究家で川崎河川漁業協同組合理事の山崎充哲さん(57)が説明する。この付近でアユの投網漁も行なう山崎さんによれば、アユが跳ねている方向を目がけて網を投げて引くと、多い時には1回で約80匹、10キロほどのアユが獲れるという。一般の釣り人が竿釣りで1日100匹釣り上げることも珍しくないそうだ。

 江戸時代には将軍家にも献上されていた多摩川のアユ。だが、高度成長期の生活排水による水質悪化で70年代初頭に姿を消した過去がある。汚染された多摩川は、清流を好むアユに見捨てられた。その後、下水処理場の整備や汚水処理技術の進歩によって水質は徐々に改善し、アユが戻るようになるまでにきれいな川に甦った。

 多摩川のアユは、水温が16〜18℃に下がる11月ごろから下流域で産卵。孵化した仔魚は海へ出てプランクトンを食べて育ち、水温が18℃になる春ごろに稚アユとなって川へ戻り、遡上を始める。夏の間は多摩川の豊富な水苔を食べて成熟し、秋に入ると産卵のために「落ちアユ」となって川を下り、一生を終える。ただ、多摩川では高い堰に阻まれて上流まで遡上できないアユが多く、遡上を助ける魚道を整備。さらに、東京都は中流の稚アユを上流までトラックで運んで放流する試みも行なっている。

 下流部でアユの遡上数を毎年調べている東京都島しょ農林水産総合センターの推計によると、調査を開始した1983年にわずか18万匹だった推定遡上数は、2010年に186万匹、2011年に783万匹と順調に増加。2012年には調査開始以来最高の1194万匹を記録した。その年をピークに遡上数は減っているとはいえ、2016年も463万匹の水準を保っている。山崎さんが期待を込めて語る。

「次の一歩は、多くの人に多摩川の天然のアユを食べてもらうことです。おいしいと知れば、川をきれいにしようという意識が高まり、水もより美しくなるでしょう。心配なのは、多摩川の水の量が昔より少なく、大きくなった成魚が水量の足りない魚道を下りてこられないことです。落ちアユが増えないと産卵数も増えません」

 遡上したアユを産卵できる下流まで下らせる仕組みづくりも、今後の課題という。江戸前アユの完全復活まで、地道な取り組みは続く。

撮影■津留崎健(つり人社刊『Tamagawa 東京ネイチャー』著者)

※週刊ポスト2016年8月12日号