写真提供:マイナビニュース

写真拡大

サテライトオフィスは8月5日、シビラと共同で、サテライトオフィスが提供するシングルサインオン機能などの既存サービスにブロックチェーン技術を導入したとを発表した。

これにより、ログイン制御を可能とするシングルサインオン機能における管理者操作ログを、ブロックチェーン技術を使い保存できるようになった。ブロックチェーンは、改ざんできない特性があり、管理者の操作ログをブロックチェーンに書き込むことで、ログの内容をブロックチェーンデータとして保証することが可能になるという。

サテライトオフィスでは今後は、他の既存サービスにもブロックチェーン技術を使ったデータ保証機能を強化していくほか、ブロックチェーン技術を使った新サービスも検討していくという。