写真提供:マイナビニュース

写真拡大

豆蔵ホールディングスの事業会社であるオープンストリームは8月4日、定量的プロジェクト管理ツール「EPM Base Ver.2.0」をメジャーバージョンアップし、提供開始したと発表した。

EPM Baseは、プロジェクトマネージャーや品質管理担当向けに開発された、プロジェクトの定量的管理基盤ツール。定量的なデータを用い、状況を適切に把握することでリスクを可視化し問題を早期に解決できるとしている。

今回から、オープンソースのプロジェクト管理ソフトウェア「Redmine」に対応。また、オペレーティングシステムとしてCentOS 7、Windows OSをサポートすることで、利用環境を拡大した。

提供価格は、50ユーザー(1ロット)当たり税別100万円。動作環境は、Redmine Ver.3.3まで、対応OSが、CentOS 7、Windows 8.1以降、Windows Server 2008以降となっている。

(山本明日美)