変換ミスの代表「甲殻機動隊」が日本酒名に!攻殻機動隊 S.A.C.がカニの名産地にある酒造メーカーとコラボ

写真拡大

「攻殻機動隊」と入力変換しようとすると必ず候補にあがる「甲殻機動隊」。
変換して出てきた瞬間、「甲殻類の機動隊とかプッ」とエビ・カニを思い出し一人吹き出すものですが、その変換ミスの代表格「甲殻機動隊」を商品名に採用した「攻殻機動隊 S.A.C.」とのコラボ日本酒が白糸酒造株式会社より発売決定しました。

【関連:『攻殻機動隊』と『インディペンデント』のオフィシャルコラボ腕時計登場】

日本酒甲殻機動隊 

変換ミスを逆手にとったこの企画。白糸酒造株式会社が“カニ”の名産地である京都府宮津市の酒造メーカーでもあることから実現しました。

「タチコマとカニ」が向かい合っているラベルイラストは、「攻殻機動隊 S.A.C.」のアニメーション制作会社である株式会社プロダクション・アイジーの著名アニメーター 西尾鉄也氏(攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIGキャラクターデザイナーの一人)の描き下ろし。タチコマとカニが出会った瞬間をユーモラスなイラストで描き下ろしています。

コラボ酒「甲殻機動隊」(1300円 税込)は、白糸酒造HPにて8月10日より先行販売が開始されます。各店舗での発売日は決定次第、白糸酒造HPにて告知。
なお、本商品にはラベルと同じデザインの特製ハガキがついているそうです。

日本酒甲殻機動隊 

▼商品概要
・商品名:「甲殻機動隊」
・予定容量: 300 ml
・酒種: 山廃純米ひやおろし
・飲み方:常温・冷・燗
・飲み頃:オールシーズン
・アルコール度 17度
・酒質:昔ながらの仕込み方法「山おろし廃止もと」で醸した純米原酒。心地よい香りと酸味は独特の乳酸発酵によるもので、ひや、燗それぞれで違う味わいを持つ個性的なお酒。