水上も陸上も走れる不思議な仕組みを解明

写真拡大

山梨県・山中湖で運行している水陸両用バス「YAMANAKAKO NO KABA」は、バスの仕組みと山中湖の自然について学べる夏休みイベントを、2016年8月13日・14日に開催する。

バスにもなり船にもなる不思議な水陸両用バスに実際に乗車し、普段間近では見られない運転席やエンジンルーム、車外のスクリューなどの設備がスタッフの説明付きで見学できる。その後は山中湖文学の森公園に向かい、山中湖の大自然を散策するエコツアーに参加。富士山や山中湖周辺の動物・植物に詳しいネイチャーガイドも同行する。

時間は午前8時15分から午前10時30分で、参加料はバス乗車料(大人2200 円、小人1100円、幼児400円)の他に1人500円(税込)。