「今でも別れた男と会ってる」「私、元彼の都合いい女になっている」なんてこと、口では言い辛くても、ありがちなことです。

この先、未来がないのは分かっていてもなんとなく繋がってる関係。付き合っていた頃あんなに優しかった彼が、だんだん適当で横柄になっていく……そんな彼の変貌に心を痛めながらも、一緒にいることを選んでしまう女の子もいるのではないでしょうか。

この場合、男性は“今でも俺のことが絶対好き”と確信しているケースがあります。

今回は街の一般男性にその理由を聞いてみました。男性が「今でも元カノは絶対俺のことが好き」だと確信する心理3つをご紹介します。

 

■1:良い思い出だけを永久保存

「元カノとの良い思い出しか記憶にないからですかね」(ディーラー/26歳)

男性側の心理として、女の子が自分を“好き”でいてくれたあの瞬間だけを、自分の都合のいいように永久保存しているようです。嫌なことばかりを記憶してぐちぐち言ってる男と比べたらありがたいくらいの話ですが、いつまでも“好き”と思うのは大間違い。着実に時間は流れていますからね。

 

■2:だって“俺がフったから”

「自分からフった場合、今でも自分のことを好きに決まってる」(不動産業/27歳)

大好きだった彼に別れを告げられた瞬間は、心にぽっかり穴があいたような喪失感に見舞われるもの。そこから吹っ切れる女の子もいれば、一途に想いを秘め続ける子もいます。

どちらにせよ、“彼女”から“自分に好意を寄せている女の1人”にされた時点で、女の子の気持ちは冷め気味なんですけどね。

 

■3:過去のサプライズで自信過剰

「俺がしてあげたサプライズにまじで喜んでたから」(自営業/25歳)

サプライズを繰り返して、彼女の喜ぶ姿を見て自分に自信をつける系男子ですね。それでは今までの嬉しかった素敵な思い出も台無しです。

確かに、サプライズは嬉しいものです。それは彼が自分をこんなにも想ってくれているんだと感じる瞬間が嬉しいのであって、決して今でもその姿に酔いしれてるような男に想いを寄せた記憶はありません。

 

いかがでしたか?

“良い記憶だけを選択して保存する”いつだって男性はシンプルな発想で挑んできます。そう分かっていても、相手のことが好きだと、女性はその男性の単純ささえも愛おしく思えて、振り回されてしまいます。

ただ1つ言えるとすれば、自分を心から愛してくれていない男性の隣にいる女性は、ある時ふと目を覚まします。いつまでも“俺のことが好き”だと、目覚めることのできない夢を見ているのは、男性かもしれませんね。

 

【関連記事】

※ コレ出たらアウト!スグ破局するカップル「男のお願いゴト」3つ

※ 「やっぱり忘れられない…」元カレと復縁するための5ステップ

※ 残念…あきらめてっ!彼があなたを「全然好きじゃない」サイン3つ

※ どーゆーつもり?「彼女いるのに…」男子がキスしてくる瞬間3つ

※ 一度ヤッたらさっさと逃げる!男が「本命視しない女」のNG3つ

 

【姉妹サイト】

※ 彼の本音をあぶり出し!Twitterで人気の「恋愛心理テスト」4つ

※ ナゼあの子ばかり!?「彼女がいつも男性から選ばれる」理由3つ

 

【画像】

ovdiu_tudor/GATAG