医師・僧侶の田中雅博氏

写真拡大

 2014年10月に最も進んだステージのすい臓がんが発見され、余命数か月であることを自覚している医師・僧侶の田中雅博氏による『週刊ポスト』での連載 「いのちの苦しみが消える古典のことば」から、古代ローマ時代の風刺詩人・ユウェナーリスの「健全なる精神が健全なる身体に宿ることを願う」という言葉の意味を紹介する。

 * * *
 今から14年前、ローマ教皇庁からの招待で、バチカン市国でのローマ教皇庁医療司牧評議会の国際会議に出席しました。会議は3日間で約80か国から800人位が参加します。実質的には、会議というよりも、医療に従事するカトリック宗教者の勉強会で、その年のテーマに関連して30人位の各専門家が講演します。

 この年のテーマは「カトリック医療施設の独自性」でした。初めて宗教間対話の時間が設けられ、他の世界宗教からも一人ずつ招待されたのでした。勿論、私は仏教の立場を話しました。有難いことに、その後も招待され、計4回もバチカンで仏教の立場を講演させて頂きました。

 日常の診療で休みなく働いていた状況でのバチカン訪問でしたので何の予備知識もなく、当時のローマ法王ヨハネ・パウロ2世がどんな偉大な人かも全く知らずに握手してしまいました。サンピエトロ大聖堂の大きさにも圧倒されました。

 ローマに30年も住んでいる日本人の神父さんに案内していただきましたが、バチカンの公用語はラテン語だそうです。そして、古代ローマの時代からラテン語を使い続けているのはバチカンだけなのだそうです。

 私は医学部の学生時代にラテン語の授業を受けました。さらに解剖用語はラテン語なので、ラテン語の単語は沢山知っています。しかし文として覚えているのは今では一つだけです。古代ローマの詩人ユウェナーリスの風刺集『サトゥラエ』にある「健全なる精神が健全なる身体に宿ることを願う」という有名な言葉です。サンピエトロ大聖堂には、このラテン語の祈りの言葉「orandum est ut sit mens sana in corpore sano」でお参りしました。

 神殿での祈りで最も多いのが「金持ちになりたい」という願いでしょう。しかし、「金持ちになったら大変だ、強盗に襲われて殺されてしまう」とユウェナーリスは言っています。「出世したい、娘が美人になってほしい……どれもやめたほうがいい。それでは、人は神様に何も願えないのか、いや一つだけある」と彼は言います。

 それは「健全なる精神が健全なる身体に宿ることを願う」という祈りなのです。ユウェナーリスは続けて、「健全なる精神」とは如何なるものかを説いています。

「死への恐れを持たず、命あるひとときを感謝し、どんな苦にも耐えられ、怒ることをせず、何ものも求めず、国王の性快楽と贅沢食と羽布団よりも、英雄ヘラクレスの苦労を選ぶ健全な精神を求めよ」と。

 このような素晴らしい精神の持ち主は、私の経験からすると、健全な身体の人よりも重病の患者さんの中に多く認められます。ユウェナーリスも、このことに気づいていて、「元気な身体にも健全な精神を与えて下さい」と祈るべきだと言ったのでしょう。

●たなか・まさひろ/1946年、栃木県益子町の西明寺に生まれる。東京慈恵医科大学卒業後、国立がんセンターで研究所室長・病院内科医として勤務。1990年に西明寺境内に入院・緩和ケアも行なう普門院診療所を建設、内科医、僧侶として患者と向き合う。2014年10月に最も進んだステージのすい臓がんが発見され、余命数か月と自覚している。

※週刊ポスト2016年8月12日号