Qoly編集部が予想するリオ五輪、ズバリ手倉森JAPANはこうなる!

写真拡大

明日6日、リオ五輪が開幕する。サッカーは開会式を前に競技がスタートするわけだが、どんなチームが活躍、優勝するだろうか?

オリンピックのサッカーは予想が難しい。なぜならば、日本のようにU-23チームに入念な準備をするチームは多くなく“即席”であることが多いからだ。加えてU-23という世代であることがより予想を難しくする。

今回は編集部を代表してこれまで予想を当ててきたもの・また外してきたものと、外部から1名を招聘し予想を聞いた。

編集部H

南米・北中米を担当し編集部で一・二を誇るマニアックな知識を併せ持ち、これまでの的中率は60%を超える。オリンピックでいえば前回大会金メダルのメキシコなど強い地域を担当していることになるが、どう予想するか?

これまでの予想実績(的中率約67%)

EURO2016
優勝:フランス ×(準優勝)
対抗:イングランド ×(ベスト16)
ダークホース:ウェールズ ○(ベスト4)
得点王:アントワーヌ・グリーズマン(フランス) ○

CL(決勝)
レアル・マドリー2-1アトレティコ・マドリー △(優勝チームは的中)

クラシコ(2016/4/2)
バルセロナ 1-2 レアル・マドリー ○

メダル

ブラジル、コロンビア、ドイツのうちのどれかが金メダルをとるだろうと予想する。

日本はどこまで進むか、その理由:ベスト8(準々決勝)

ナイジェリアはお家芸の金銭問題で現地入りが遅れ、 スウェーデンは52選手もの招集拒否にあった。 ただコロンビアはブラジルの気候を問題にせず、 苦手な相手でもあることから、2位での突破と予想する。 そうなると、トーナメント一回戦で開催国ブラジルと対戦することが濃厚になる。 ブラジルは決して完成度の高いチームではないものの、 強化試合でも明らかなように勝利するのは難しい。久保の離脱も響いてくるのでここで敗退、ベスト8になるのではないか?と推測する。

ブレイクする国か選手

2人のガブリエウ(ブラジル)、ミゲル・ボルハ(コロンビア)

編集部Q

弱いチームが戦術で強いチームに対抗するところに萌える。元々は1日4-5試合という恐ろしいまでのサッカー観戦をするほどで、編集部で一番マニアだった男。しかし、現場を離れ管理に回ったため以降サッカー観がにぶったのか予想を外し続けている。

これまでの予想実績(的中率約16%)

EURO2016
優勝:フランス ×(準優勝)
対抗:スペイン ×(ベスト16)
ダークホース:クロアチア ×(ベスト16)
得点王:クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル) ×

CL(決勝)
レアル・マドリー3-1アトレティコ・マドリー △(優勝チームは的中)

クラシコ(2016/4/2)
バルセロナ 3-1 レアル・マドリー ×

メダル

メキシコ、アルゼンチン、ブラジル

一昔前のサッカーは人々が事前に予想したような物語が形成されていた。マラドーナやロナウドといったレジェンドはワールドカップで優勝し力を見せるという少年漫画のような展開がそこにはあった。しかし、現代ではそのような展開を見せることはほとんどない。今回のリオ五輪では、地元ブラジルが悲願の金メダルを取るかどうかに焦点が集まっている。しかし、現代の流れに沿うのであれば彼らは金メダルをとれないだろう。金メダルはメキシコ、アルゼンチンあたりか。ダークホースには南アフリカ、コロンビアを押したい。

日本はどこまで進むか、その理由:グループステージ敗退

ナイジェリアに引き分け、コロンビアは過去のコンフェデなどを見ても苦手すぎるので負け。最終節のスウェーデンに勝ち勝ち点4だが惜しくもグループステージ敗退と予想する。

ブレイクする国か選手

メンジ・マスク(南アフリカ)、アリ・アドナン・カディム(イラク)、ユリアン・ブラント(ドイツ)

南アフリカは現代サッカーにおいて絶滅種のトリッキーで後先考えないドリブラーが多い国、今回選ばれた18人の中にもドリブルを得意とする選手がおり彼らの遊び心に注目したい。アリ・アドナン、ブラントは既に欧州列強でも結果を出しているのに今一つ知名度がない、是非見てもらいたい。

高橋アオ

編集部が発掘してきた新鋭のライター。これまで、本サイトで予想をしていないが編集部Qに対して行ったEURO2016の予想がことごとくあたり、ならばやってみてよということで公開予想をお願いした。

これまでの予想実績(的中率約67%)

EURO2016
優勝:フランス ×(準優勝)
対抗:ポルトガル ○(優勝)
ダークホース:アイスランド、ウェールズ ○(ベスト8、ベスト4)

メダル

金メダル コロンビア、銀メダル ブラジル、銅メダル アルゼンチン

南米勢が高温多湿なリオデジャネイロで有利に試合を進め、メダルを独占すると推察する。コロンビアはアトレティコ・ナシオナルがリベルタドレースを制覇した勢いに乗って、史上初の栄冠を勝ち取ると予想する。

日本はどこまで進むか、その理由:決勝トーナメント初戦敗退(ベスト8)

日本は調整不足のナイジェリアや52人の選手に招集を拒否されたスウェーデンには勝利するだろうが、コロンビアには敗北すると予想。GL2位で勝ち上がると、恐らく対戦相手はブラジルとなる。そうなると、トーナメント初戦で敗退か。

ブレイクする国か選手

イラク

リオ世代最高峰のSBであるアリ・アドナンが鍵を握る。トルコで活躍するDFドゥルガムやU-20W杯2013で4位に導いたGKムハンマド・ハミードらが、ゴールに強固な鍵をかける。鉄壁の守備で強豪を苦しめるだろう。