「グランスタ丸の内」オープン! オトナ女子にオススメの初「雑貨・コスメ」ゾーンが誕生

写真拡大

JR東日本グループの鉄道会館は、JR東京駅の丸の内地下エリアに新商業施設「グランスタ丸の内」を7月27日に開業しました。全53店舗(予定)のうち、23店舗がこの日オープンし、今まで東京駅構内になかった初の「雑貨・コスメ」(18店舗)のショッピングゾーンが誕生しました。今回はエキナカ初出店の「john masters organics select」や全国初登場の「@cosme store mikke!」から、グランスタ店限定のアイテムやサービスをご紹介します。

鉄道会館は改札外に「グランスタ丸の内」を開業したほか、改札内にエキナカ商業施設「グランスタ」を増床として開業しました。今回の開業・増床は、土産や弁当など、旅行者に向けたショップだけではなく、日常的に東京駅を利用する人をターゲットに、日常生活のニーズに対応することを目的としているといい、今後も2017年春から夏にかけて順次ショップが開業します。今回は、オトナ女子に耳寄りな情報をお届けします!

■「john masters organics select」

「john masters organics」は女性に人気の100%天然由来の原料を使用したオーガニックコスメのブランドで、今回エキナカ初出店を果たしました! グランスタ店では、広々としたカウンセリングスペースでの頭皮チェックなど、心にも体にも心地よいトータルケアをアドバイスしてくれます。注目アイテムは限定発売の、人気のシャンプー「イブニングPシャンプー」「C&Nデタングラー」「G&Gボディウォッシュ」「G&Gボディミルク」を4つセットにしたトラベルキット。急な出張やお泊りのときにも便利です。

■「@cosme store mikke!」

コスメセレクトショップ「@cosme store」の小型店舗が登場。ギュッとアイテムをも盛り込んでいるので、ほしいアイテムがすぐに見つかります。通常の店舗と異なる点は、丸の内で働く20〜30代の女性をターゲットにしているため、オーガニックコスメが充実していること。「WELEDA」や「VECUA Honey」、「ETVOS」などオーガニックコスメ愛用者には、たまらないコーナーになっています。

ほとんどの商品にテスターがあるので、気軽に試すことができるのもうれしいポイント。商品選びに迷ったときは、肌質や悩みを選択して、自分にピッタリのアイテムを見つけることができるモニターを試してみるのもオススメです。「@cosme」の口コミもチェックできるので、わざわざスマホで確認する手間も省けます。

■「BIRTHDAY MINI BAR」

セレクトショップ「BIRTHDAY BAR」の新業態。男性も女性も楽しめるギフトアイテムが、食、バスグッズ、ファッション雑貨、コスメまでバラエティ豊かにそろっています。グランスタ店は通常の店舗より規模が小さく、ピンポイントにほしいアイテムを選ぶことができる全国初の店舗。「BIRTHDAY BAR」人気の「アイスクリームソープバー」がジャーのパッケージに包装されてグランスタ店限定で登場! 誰かにプレゼントはもちろん、がんばった自分にごほうびとして購入するのもオススメです。

スワロフスキーを使用したキラキラ加工で人気のブランド「Bling Me!」と雑貨ブランド「Actually」がコラボした華やかなトートバッグ「Bling me! × Actually Frill Tote。」にも注目。上質なスワロフスキーの輝きで、乙女心を刺激します。グランスタ店限定90個で販売。

■「Fortnum & Mason」

英国王室御用達の歴史ある紅茶のブランド。グランスタ店限定で、通常よりもミニサイズの紅茶とジャムのセット「F&M プレミアムセット」が登場します。ショップバッグも英国と同じ仕様で高級感あふれているので、手土産やプチギフトに最適です。

ほかにもてぬぐい専門店「かまわぬ」の新ブランド「SHARED TOKYO」や、自然の和コスメ「まかないこすめ」など、気になるショップが盛りだくさん!

■最後に

どのショップも改札内にあるので、移動中や仕事帰りにフラっと立ち寄れます。東京駅を利用する際は、ぜひ足を運んでみてはいかが?

(マイナビウーマン編集部)