3日、韓国で若者に教育・布教活動を行うプロテスタント系団体の牧師が、未成年の女子を脅迫し性的関係を強要した疑惑を認め波紋を呼んでいる。写真はソウル。

写真拡大

2016年8月3日、韓国メディア・韓国日報などによると、韓国で若者に教育・布教活動を行うプロテスタント系団体の牧師が、未成年の女子を脅迫し性的関係を強要した疑惑を認め波紋を呼んでいる。

韓国のプロテスタント系メディア「ニュースエンジョイ」は2日、布教団体「ライズアップムーブメント」の代表を務めるイ・ドンヒョン牧師(48)について、団体に所属する高校生に対し数回にわたり性的関係を強要した疑惑を報じた。報道によると被害者の女性(28)は高校生だった05年春から08年にかけイ牧師から数回にわたり関係を強要され、関係を拒否すると「韓国社会でこのことが人に知れたら君の人生は終わる」「これでもう嫁には行けないぞ」などと脅されたという。

報道を受けイ牧師は「若い頃の大きなミスだ」「すべてについて潔く認める」などと述べた。韓国の法律で満13歳以上の未成年者に対する姦淫(かんいん)は公訴時効が5年だが、常習犯罪などの要件が加わった場合は時効が延びることから、イ牧師は処罰を受けることになるものとみられる。

「ライズアップムーブメント」はイ牧師が1999年に設立した団体で、毎年ソウル中心部の広場などで開催する大会には若者や保護者ら3万人以上の参加があったという。イ牧師自身も韓国で知られる存在だっただけに、記事には多数のコメントが寄せられている。

「清廉な宗教家なんて21世紀の世の中に存在するのか疑わしい」
「もう驚きもしない」
「牧師なら“性教”じゃなくて説教しなきゃ」
「韓国のキリスト教はキリスト教じゃない。資本主義的なねずみ講だ」

「それで神様がうんぬんと説いてたのか?」
「牧師の仮面をかぶった悪魔だ」
「牧師も口で稼ぐ商売だからね、詐欺みたいなもんだよ」
「まったく簡単だよ。どうせ悔い改めて終わり」

「最近なんだか牧師たちが静かだと思った」
「これが牧師の日常だ」
「教会までが腐っている。悲しい」
「すべてが狂ってきている。これが失敗した創造経済のなれの果てなのか?」(翻訳・編集/吉金)