Doctors Me(ドクターズミー)- 【女性必読!】たるみやすい部位はどこ?老け顔になる前にやっておくこと

写真拡大

顔や体がたるむ原因と仕組み

顔や身体がたるんでしまうメカニズムとしては、大きく3つに分けることができると思います。

原因1:皮膚が加齢などに伴って、弾力がなくなることでたるんでしまう
原因2:身体や顔に脂肪がつき、その重みで垂れ下がったような状態になってしまう
原因3:ついていた筋肉が年をとったり、運動量が減ったり、トレーニングをやめてしまうことによるもの

むくみが引き起こすたるみとは?

むくみは、水分や老廃物の代謝がきちんと行われていない状態であり、これを放置しておくと余計な水分と老廃物の重さによってたるみを生じてしまうことがあります。

糖化とたるみの関係性とは?

私たちの皮膚の大切な構成成分であるたんぱく質は、糖と結びつきやすい性質を持っています。

しかし、この二つが結合して「AGEs」とよばれる異常なたんぱく質が出来てしまうと、お肌の代謝サイクルが遅くなって、しわやたるみが出来やすくなるといわれています。

【たるみ解消法 その1】テレビでも話題!筋膜リリース

筋膜とはなんですか?


筋膜とは筋肉だけでなく、内臓などをも包む、極めて丈夫な白い薄い膜のことです。

筋膜リリースの効果とは?


筋膜リリースとは、筋肉と、それを包んでいる膜に圧力をかけてあげることで、硬くなっている筋膜を緩める手法を指し、専門のサロンなどで行われているようです。
効果は、血液やリンパの流れをよくしたり、姿勢をよくする、関節を動かしやすくしたりする、とうたわれています。

筋膜リリースとたるみ解消の関係性


筋膜リリースを行うことで、おとろえてたるんでしまった筋肉の弾力を増し、筋肉が原因のたるみにもよい効果があるとも言われています。

【たるみ解消法 その2】プロテインとコラーゲンを効果的に摂取

プロテイン


朝食前に、プロテインを摂取するとインスリンが多く分泌され、このために筋肉合成が非常に活発になると考えられます。筋肉が原因のたるみには効果的ですね。

コラーゲン


コラーゲンは肌の修復を促すために、修復が活発に起こる夜、寝る前に服用するのが効果的といわれています。皮膚の弾力低下が原因のたるみに役立ちそうですね。

【たるみ解消法 その3】アメリカで話題のHIIT(高強度インターバルトレーニング)

テレビや雑誌でも特集が組まれる程、今注目を浴びている「HIIT(高強度インターバルトレーニング)」

脂肪燃焼効果は有酸素運動の6倍といわれ、アメリカのセレブの間でも流行しています。

たるみの原因の一つといわれる、脂肪を有酸素運動と休息を交互に繰り返すことによって効果的に燃焼することができるのではないかといわれている、比較的新しいトレーニング法。
まだ実験段階ですが、同じ運動を長時間続けるより脂肪燃焼効果が高いのではないかといわれています。

女性がたるみやすい体の部位ランキング TOP5

1位:目元
2位:頬
3位:口角

4位:あご
5位:額

最後にたるみで悩む女性の方に一言

たるみは、細かいケアによって解消は難しくても改善はできるもの。かなりイメージも変わりますので、真剣に取り組んでみてはいかがでしょうか。

(監修:Doctors Me 医師)