浮気されてる?結婚できる?理想の彼だけど不安で号泣 #ぱぷりこが答えます

写真拡大 (全3枚)

ドドンドドドンドタラララララララドドンドドドンドタラレバレバレバー(テーマソング)

インターネットの妖精ことぱぷりこです。連載「でも、結婚したい」のスピンオフ! ぱぷりこに恋愛・キャリア・来世での転生先を質問する「ぱぷりこに質問!」コーナー。

今回のテーマは「理想の彼と付き合っていてもとにかく不安」です!

ぱぷりこに質問!

28歳独身の事務職OLです。明るくて社交的とみられますが、性格としては本が友だちで、不器用で頑固な性格です。恋愛経験が未熟なうえ、感情的でネガティブな性格なため、少しのことで右往左往してしまいます。

彼は24歳の営業職で、明るいスポーツマンタイプ。男女問わず友だちが多く、あまり落ちこまない性格で、落ち込みやすい私とは真逆です。

・25歳まで彼氏がおらず、初めての彼氏には浮気されて28日間で別れる。

・ずっと彼氏ができなかった原因は、自分に自信がない根暗なのに、頑固で理想が高いためだと自分で分析。

・いまの彼氏とは2か月、出会いは相席ラウンジ。共通の趣味があり、すぐ打ち解けて好きになって、自分からアプローチした。

・何回かデートして、付き合あう前にいちゃいちゃしてチューしてしまい、ホテルに誘われた。

・「私のことはどう思ってるの?」と問う→「まだ会ったばかりだからわからない」→付き合ってくれない! 遊びなんだ! →号泣→「私は重い女だから私を大切にしてくれる人じゃないと無理。もう友だちのままでいよう」→「不安にさせてごめん! ちゃんと言わなかったのが悪かった。好きだから付き合おう」→「私が泣いて面倒くさいからそう言ってるんでしょ...」→「そんなことない! ちゃんと初めてデートした日も覚えてるよ。記念日だなと考えてた」→感動で泣く→付き合う。その日にホテル直行。という自分でもどうかと思うスタート。

・当日は初体験だったので、痛くてできなかったができるようになるまで待ってくれた。

・順調だと思う反面、不安にかられるときもある。出会いが相席ラウンジだし女の子の友だちと飲みに行ったりしている。

・彼はかなりゆるい職場で薄給、貯金もまったくないと自己申告してきた。「給料もレイコのほうが多いよ」など。

・彼は将来自営をしたい模様。

いま望んでいることは下記です。

・理想は1年付き合ってプロポーズされて結婚し30歳前後で出産したい。ずっと仲の良い夫婦でいたい。

・彼がとても好きで結婚したいけれど、お金がない、彼が自営をしたい、浮気されるのでは? などの不安がある。

・いろいろひとりで考えているが、そもそも彼が私と結婚したいかもわからない。彼が「私と付き合って楽しい! 結婚したい!」と考えるようになってほしいけれど、どうすればいいかわからない。

・数年付き合って結婚せず別れたとき、もう彼氏ができる自信がない。この不安を抱えたまま付き合っていっていいのか、彼に結婚の意思を聞くべきか、婚活するべきなのか悩むときもある。

・不安で気持ちが荒れて号泣してしまう。この不安定な気持ちを安定させるにはどうしたらいいのか。

(レイコさん/28歳)

恋愛で不安なら「不安マネジメント」せよ

「不安定な気持ちを安定させるにはどうしたらいいか」というご質問についての答えは、2パターンに分けられます。

まず、「恋愛をしているときに女性は不安になるから、セロトニンを増やせ」という回答です。

恋愛をしているときは快楽物質ドーパミンがブシャーと出て「しあわせきゃっふー!」となりますが、このハイ状態のため冷静さが失われ、精神が不安定になります。

精神を安定させるにはセロトニンという物質が必要ですが、もともと女性は男性よりもセロトニンが少ないので、男性よりも不安を強く感じがち。よって、セロトニンを増やすことが効果的です。

私はただのインターネットの妖精なので、具体的な処方は医師の書いた本などを参考にしてください。日光浴、運動、食生活の改善によって増やすことが可能です。

もうひとつの回答は「不安マネジメントせよ」です。もし「恋愛力」というものがあるとしたら、私は「自分の不安をマネジメントできる能力」だと思っています。

実際、まわりを見ていても、恋愛に不慣れな人ほど不安に振り回され、恋愛によって多幸感がだだもれている女子ほど不安をきっちり潰す手腕を持っていると感じます。今回はこちらをメインに回答していきまっす!

彼がいても不安が生まれるのはなぜ?

まず、なぜ不安が生まれるのか? から見ていきましょう。

浮気の不安

・女の子の友だちと飲みに行ったりしている
・浮気されるのでは?

経済的な不安

・お金がない
・彼が自営をしたい

相手の気持ちがわからない不安

・いろいろひとりで考えているが、そもそも彼が私と結婚したいかもわからない

さらに別の方向で区切ってみましょう。

現状をわかっているが故の不安

・お金がない
・彼が自営をしたい

現状がわかっていないが故の不安

・女の子の友だちと飲みに行ったりしている
・浮気されるのでは?
・いろいろひとりで考えているが、そもそも彼が私と結婚したいかもわからない

さて、こうしてみるとわかると思いますが、「現状をわかっているが故の不安」って解決策がすぐ思い浮かびますよね。お金がないなら支出を下げるか年収を上げる、自営に対しては資金繰り。どちらもプロに聞けばさくっとアドバイスが出てきます。

問題は「現状がわかっていないが故の不安」の方です。「幽霊の正体見たり枯れ尾花」という言葉にもあるとおり、人間は「わからないもの」に対して根本的な不安を抱きます。

多くの女性が恋愛で不安になる原因は、どちらかといえば「わからない」ゆえに起こることが多いように見えます。彼の気持ちがわからない、結婚できるかわからない、自分の望みがわからない、わからない、わからない、不安不安ふあん......。

不安マネジメントとは情報を得ることだ

ではどうすればいいか? 答えはシンプルです。「わからない」を「わかる」にする。これが不安マネジメントの基本です。

不安マネジメント力とは、「自分の不安原因を突き止め、その不安を潰すために行動する能力」のことを指します。行動とは、「情報の収集」と「情報の開示」のふたつにわけられます。自分と相手の「心」というブラックボックスをそれぞれオープンにすれば「わからない」は減っていきます。

レイコさんの例でいえば、まず相手に結婚の意思を聞くことが挙げられます(情報の収集)。

「いろいろひとりで考えているが、そもそも彼が私と結婚したいかもわからない」とあるとおり、わからないから不安になるのです。結婚はふたりの意思が必要なので、片方だけが結婚したがっていても無理なので、ここは意思確認をすべきです。

「女の子の友だちと飲みに行ったりしていて不安」なら、これも彼に言いましょう(情報の開示)。

「私は、あなたが女友だちと飲みに行くと不安になる」と自分の悲しみや不安を共有することで、彼はレイコさんの「わからなかった不安」が「わかる」ようになるし、レイコさんは彼の反応を見て、彼がどういう気持ちで女の子と飲みにいっているのかが「わかる」ようになります。

結婚は、不安マネジメントの連続である

160804papuriko_2.jpg

で、不安マネジメントってまさに結婚で必要な能力なんですよね。なぜなら結婚は「桃源郷へのゴール」ではなく「毎日の生活」だからです。

レイコさんに限らず、多くのアラサーレディたちは「結婚したらいまの不安がなくなって安定してしあわせになれるかも」と思いがちですが、それは幻想です。就活のときを思い出してみましょう。「内定を得たら就活の不安がなくなって安定してしあわせになれる」と夢見ていませんでしたか?

でもいざ仕事を始めたらストレスや悩みが出まくって「仕事やめたい」「ハワイ行きたい」とつぶやく女子たちのなんと多いことか。結婚も基本は同じ。

たとえいま、彼がプロポーズしてくれたとしても、いまのままだと「浮気の不安」が「不倫の不安」に変わるだけです。まだまだ彼の知らないことがいっぱい出てきて、もっとたくさんの「わからない」が増えて、もっともっと不安になります。

雪だるま式に増えていく不安を放っておくと、いずれ破たんします。破たんを避けるには不安を減らしていく「不安マネジメント」しかありません。むしろ結婚とは「不安マネジメントの連続」と言ってもいいでしょう。

「自分の不安を伝えるのが怖い」という気持ちはよくわかります。でもね、これをやらないとずっと不安なままです。

「何も伝えなくても伝わる」には高度なエスパー能力が必要で、たぶん21世紀の人類にはムリなんだけど、ナチュラルに相手にエスパー能力を期待する女子が多すぎです。無理 is 無理。誉れある人類なら自分の脳と口を使って言葉にしましょう。

結論!

彼もあなたもエスパーではない! 「言わなくても伝わる」ドリームは火にくべる!

不安マネジメントせよ! 太陽の光を浴びよ! 運動せよ! よく笑うべし! 解散!

撮影/出川光