夫とのコミュニケーションが大切

写真拡大

夫にも家事を手伝ってほしい。一番簡単なのは家事を分担するようなタイプの男性と結婚することですが、いまさら夫を取り替えるわけにもいきません。手伝ってくれない夫をどうするか、考えてみましょう。夫に限らず人を動かすには相手を変えることに熱中せず、まず自分を変えることです。夫が手伝わないのは自分自身に原因があるのかも!?

■ 家事は夫のいるときに!

いい奥さんであれば、さっさと家事を片付けていないでしょうか。人間は、そんなに想像力があるわけではないのです。見ているものしか信じないところがあります。だから、その努力を夫は気づいていない可能性があります。部屋が整頓されていても、床がピカピカに磨かれていても、それはもともとそういうものだと思ってしまいます。あなたが家事の分担をしてほしいと言っても、夫にとっては理解しづらい場合があるのです。ゴミを出すことは、あなたがしている家事の1%にも満たない仕事なのだということがわからないのです。ちゃんとわかるように夫の眼の前で掃除、洗濯をしてみてください。

■ もし家事をしてくれたら褒めてあげる

慣れない男性がすることですから、雑であったり、何かを壊してしまったり、経済的ダメージがあったり、満足できる結果になるとは限りません。もうちょっとこうしたらいいのに…。これだったら自分がしたほうがずっと速い。そう思ってしまう可能性のほうが高いでしょう。でもこれからの夫婦の人生は長いのですからここはぐっと我慢して、まずにっこり笑ってお礼を言いましょう。そして、とにかく褒めてあげるのです。いっぱい褒めた後にちょっとだけ改善してほしいことを付け加えます。人間って褒めてもらうと嬉しいのです。そして何かを少しずつ覚えていくのも楽しいものです。夫に家事のエキスパートを目指してもらいましょう。

■ 一緒にやってもらう

夫に家事を頼むときの伝え方も大事です。「これをしてくれるとものすごく助かるんだけど…」というスタンスで、夫が家事を手伝うことで、何が起こるのかを明確にして頼んでみてください。結果が見えていると、手伝う理由につながりやすいからです。また完全に任せるのではなく、家事を一部だけ分担してみるのもいいでしょう。洗濯物を洗うのと干すのを分担する、食事作りと片付けを分担するなど、夫が手伝うハードルが下がることになります。

■ 夫とコミュニケーション

いずれにしても夫とのコミュニケーションが大切。家事は大変だということをうまく伝えながら、夫婦生活でのストレスを軽減していきたいですね。

(image by amanaimages)
(著:nanapiユーザー・sou 編集:nanapi編集部)