写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●WEB配信は「だんだん濃くなっていい」
Amazonプライム・ビデオにて全13話が好評配信中の特撮ドラマ『仮面ライダーアマゾンズ』が、7月からTOKYO MXおよびBS朝日にて放送されている。人間を食らう危険な実験生物「アマゾン」が潜伏している社会で、自らもアマゾンでありながらアマゾンを"狩る"宿命を持つ鷹山仁/仮面ライダーアマゾンアルファと、人間とアマゾンとの間に立って苦悩し、"守る"ために戦う水澤悠/仮面ライダーアマゾンオメガという、2人の仮面ライダーが登場。従来の変身ヒーローのパターンを大幅に壊し、先の読めないスリリングな展開が話題を呼んでいる。

ここでは本作のプロデューサー・白倉伸一郎氏と、全13話のシナリオを手がけた小林靖子氏の両名に、『アマゾンズ』企画の経緯や、キャラクター造形、そして挑戦的なストーリー作りの秘密などをざっくばらんにうかがった。後編では、『アマゾンズ』が切り拓いたWEB配信版の特撮作品の可能性、そして新たに発表された最新ライダー『仮面ライダーエグゼイド』について訊いた。※一部ネタバレを含むため、未視聴の方はご注意ください。

前編はこちら。

――石田監督に続き、田粼竜太監督、金田治監督と「平成ライダー」で活躍する実力派監督が次々参加されましたね。

白倉:田粼監督がすごいのは、撮影所にみんなが集まるとホワイトボードがあり、「第3話のテーマは『ミッション』。第4話のテーマは『脱出』。ここではこういう移動をします。この部屋から脱出します。ここの動きはムダになりますから、ホン(脚本)をこう直しましょう」とか、レクチャーが入ることです。

小林:その直しが、本当に大変だったんですよ(笑)。でも田粼監督の合理的な説明があってこそ、長い部分を詰めることができました。

白倉:このように言うと、田粼監督は理屈っぽいみたいに思われるかもしれませんが、すべてはドラマにおいて、駆除班それぞれの見せ場を作り、最後に残った3人がラスボスと対峙するみたいな、映画的なノリ、勢いを具現化するために理屈をこねるんです。「とにかくノリなんだよ!」って押し切るのではなく、ノリを理屈によって説明することができるのが、彼のすごいところなんです。

――金田監督の印象はいかがですか。金田監督はJAEの代表でもありますが、本作のアクション全般を請け負うGocooさんと組まれるのは、もしかして初めてではないですか。

白倉:そうです。会うのも初めて、仕事も初めてです。Gocooのアクション監督・田渕(景也)さんは戦々恐々としていたんですよ。そこにあえて金田監督を投入したらどうなるんだろうと興味を持ちまして(笑)。そうしたら、たちまち意気投合されてね。金田監督は田渕さんを立てつつ、互いにアイデアを出し合ってやられていました。建設的なのはいいんだけど、凝りすぎちゃって(笑)。トンネル、バス、カーチェイスがあって、盛りだくさんになってしまった。

小林:金田組のアクションシーンは、ホン(脚本)から一番膨らんだんじゃないですかね。

――放送時間が決まっているテレビシリーズと違い、一本一本の長さが違う『アマゾンズ』ですが、時間の制約のなさについては当初どのように考えていたのでしょうか。

小林:実は、ホンの長さは毎回ほぼ同じなんですよ。『龍騎』のころの分量とそんなに変わりません。

白倉:どうも石田監督、撮ってるなあ〜って思ってたら、第1話は46分になりましたって聞いて驚いた(笑)。まず真っ先に考えたことは、これって2話に割れないかなって。

小林:でもそうしたら、前編にはライダーが一人も出てこないんですよね……。

白倉:10分くらい考えたんですよ。悠が水槽を見つめているところで切るかなって(笑)。

小林:次回の引きも何にもないところでは切れないですよね。

白倉:今回の『アマゾンズ』はたまたまテレビ番組的フォーマットで作ってはいますが、今後やるのならもっと配信に適した作り方が出てくるかもしれないですね。でも『アマゾンズ』に関してはテレビ的に作ったおかげで、他のライダーシリーズとの親和性が生まれたり、今回のように地上波放送できたりしたわけですから、この方向性も大切にしたいです。

――WEB配信とテレビ放送では、どんな違いがあるとお考えですか。

白倉:配信ドラマとして『アマゾンズ』を始めるにあたり、配信はテレビとは違うんだ!って力説したんです。テレビなら途中のエピソードから観る場合があるけれど、配信の場合はみんな必ず第1話から観るんだと。途中参入はありえない。第1話で観るのをやめると、第3話とか第7話を観てもらえないかもしれない。だから、いかにして視聴者を減らさないようにするか、という部分には注意を払いました。連続ドラマとしての「引き」の部分ですね。制約のあるなしではなく、第1話で満足できる完成度のものを作っておかないと、次に続かないという気持ちがありました。

小林:テレビドラマと同じものだと思っているから、書き方も同じです。ただ白倉さんが言われたように、第1話で観るのをやめる人もいれば、2・3話と続けて観てくださる方もいて、7・8話とかではもう好きな人しか観ていないと(笑)。"みんなに"好かれる話にしようという考え方ではなかったですね。

白倉:「だんだん濃くなっていい」って話をしました。前半5話くらいまでは「人食いレストラン」の話はできないかなって(笑)。でも、ここまで観てくださった方には、こういうレベルの話でも楽しんでもらえるだろうと計算して、ストーリーの配分を決めています。

――第9話に出てくる「カニアマゾン」というのは、やはりカニバリズムから発想されたのですか。

小林:CANNIBALってタイトルが先にあって、カニアマゾンと決めました。

白倉:よくわかりましたね(笑)。ほとんどの人にわかってもらえなかったんです。

――人食いレストランのように、地上波では少々放送がはばかられるような題材でも、WEB配信なら可能という部分があったのでしょうか。

小林:それはあまり意識していません。最初から、地上波でもできるレベルでって言われていましたから、具体的な描写は抑えているんですよ。

白倉:スタッフもみな良識がありますから、「やらかしてしまえ」って考えはなかったですね。基本的にエロ・グロ・ナンセンスの類には逸脱していません。仮面ライダーですから、これが正統だと思って作っています。

●シーズン2は単純な続きにしたくない
――対立と融和を繰り返していた悠と仁が、それぞれの結論を出して決別してしまうラストエピソード(第13話)は、ファンにとってもショッキングな結末になりました。

小林:こういう風に進んだ以上、ああなるしかないな、っていう落ち着きですね。でも、あれでいいのか、っていう部分はあるかもしれません。みんな言いますし(笑)。視聴者にとっては、「仮面ライダーに裏切られてしまう」最終回にも思えるかもしれません。人間の味方としての仮面ライダーではありませんからね。

白倉:もともと、ヒーロー(仮面ライダー)が無条件で人間の味方をする、という部分に違和感がありました。それで悠には人間とアマゾンの両側に立って思い悩んでもらいました。そのクッションとなるのが、アマゾンでありながら人間の仲間のために戦うマモルなんです。雨の中で、悠をめぐって美月とマモルが取り合いをするシーンがあるでしょう。

小林:あれって、シナリオのとおりのセリフではあるんですけれど、シチュエーションがぜんぜん違っていて、画面で観るとちょっと複雑な気持ちになりますね。

白倉:女子高生を取るのか、裸の美少年を取るのか迷う悠(笑)。

小林:シナリオではあんなふうに、どっちを取るの?みたいにはなっていないんですけれどね。

――今後『アマゾンズ』の続編シリーズを含む、新たな配信作品製作の可能性はあるでしょうか?

白倉:『アマゾンズ』に関してはシーズン2というのが具現化しつつあるので、さてどうするか、というのがあります。もしやるにしても、単純な続きをやりたくないなって思っているんです。キャラクターそれぞれに強い愛着があるからなんですが、今後作るストーリーならば「第14話」にしかならないんです。そうしないための作り方を、今から考えるところですね。

――サブタイトルの頭文字がアルファベットの順番で、シーズン1が「M」で終わっているので、「N」から始まる後半があるんじゃないかと、多くのファンが期待しています。

小林:サブタイトルについては、もし何かあったときのためにそういう付け方をしていただけなんです。

白倉:まあ続きがあればいいな、ぐらいの考えですよ。

――映画、テレビに次ぐ映像発信媒体としての「WEB配信ドラマ」の可能性をどうお考えですか。

白倉:映画館のスクリーン、テレビのモニター以上に、PCやスマホの画面は視聴者との距離が近いですよね。これ以上ないほど観る人と画面との距離が近づいたとき、作られるものは二極化されると思っています。ひとつは日常そのもののバラエティ番組、もうひとつは非日常のファンタジックな映像。この小さな画面の奥に、ものすごい世界が広がっていくという、電子遠眼鏡的発想ですね。

――WEB配信として「仮面ライダー」が新たな発展をしていく一方で、王道の日曜朝の「仮面ライダー」でも従来のイメージからかなり逸脱したような意欲作『仮面ライダーエグゼイド』が発表になりました。エグゼイドについてのご感想はいかがでしょうか?

白倉:仮面ライダーって、最初の1号、2号のときから、いわゆる誰が見てもカッコいいと思えるスマートさとは違うものを持っていたと思うんですよ。もともと異形のキャラクターなのが、カッコよく見えるという瞬間、そこにヒロイズムがあるのではないか。この先も「何それ?」と思うようなキャラクターがカッコよく見える瞬間が続けばいいな、と「仮面ライダー」シリーズには思っています。

「エグゼイド」って名前は気に入っていますよ。「ドライブ」とか「ゴースト」だと、名前を聞いただけでだいたいどんなライダーが想像ついてしまう、するっと受け入れられてしまうようなものでは本来いけないんです。

小林:デザイン画を見ましたけれど、今度のライダーはスゴいですよね(笑)。

――『仮面ライダー1号』『仮面ライダーアマゾンズ』で1号とアマゾンがリメイクされましたが、今後白倉さんが興味を持つ「仮面ライダー」のリメイク案などがあれば、ぜひ教えてください。

白倉:もともと『仮面ライダーX』が好きだったんですよ。子ども心に、どんどん"テコ入れ"されていくっていうのが観ていてわかるんです(笑)。新しい発想でリメイクされた『X』が観てみたいような気がします。

『仮面ライダーアマゾンズ』は、Amazon プライム・ビデオにて全13話が配信中。テレビ版はBS朝日にて毎週日曜深夜25時〜、TOKYO MXにて毎週水曜22時30分〜放送されている

(C)2016「仮面ライダーアマゾンズ」製作委員会 (C)石森プロ・東映

白倉伸一郎
1990年に東映入社。91年に『鳥人戦隊ジェットマン』よりプロデューサー補として参加し、以降『仮面ライダーアギト』『仮面ライダー電王』『仮面ライダーディケイド』などのチーフプロデューサーを担当する。現在は東映株式会社取締役、東映テレビ第二営業部長
小林靖子
脚本家。『仮面ライダー龍騎』『仮面ライダー電王』などの平成ライダーシリーズ、『烈車戦隊トッキュウジャー』などスーパー戦隊に代表される特撮作品をはじめ、数多くのTVアニメ、劇場作品を担当

(秋田英夫)