卓球選手の福原愛選手がこのほど、リオの合宿先で中央テレビの取材を受けた際に早口言葉のようなコテコテの中国東北弁を披露し、その受け答えが中国の卓球ファンたちに再び強烈な印象を与えている。

写真拡大

卓球選手の福原愛がこのほど、リオの合宿先で中央テレビの取材を受けた際に早口言葉のようなコテコテの中国東北弁を披露し、その受け答えが中国の卓球ファンたちに再び強烈な印象を与えている。環球網が伝えた。

記者が取材の際に、福原選手の髪が伸びたと言ったところ、すぐさま「つけ毛です」との答えが。その答えの真偽の判断がつかずにいた記者が「それは本物のつけ毛ですか?」と重ねてたずねたところ、彼女は「ホンモノと言うべきかな?それともニセモノと言うべき?もしホンモノと言えば、確かにホンモノそっくりのニセモノだし、ニセモノと言えば、確かにホンモノの髪だし、ニセモノじゃない。ちょっと混乱してきちゃった」と早口言葉並みの東北弁で切り返された。

福原選手は過去に中国スーパーリーグにも参加しており、多くの中国人卓球選手と良好な関係を築いている。中国滞在期間中、福原選手の中国語の上達ぶりは目覚ましく、中国の東北弁のアクセントで話す福原選手はとてもかわいらしく、中国でも高い人気を誇っている。今回のリオ五輪は福原選手にとって4回目のオリンピック出場となるが、皆の応援に応えてメダル獲得を目指すということだ。(提供/人民網日本語版・編集/TG)